Category Archives: CULTURE

顕在化する第5権力。

とある大手新聞社のサイトに、こんな記事がありました。
内容は「左翼メディアの低質化が止まらない!」
という産経によくあるものなんですが、その中で、

マスコミは、行政・立法・司法の三権と並ぶ「第四の権力」とも呼ばれる。政治家からは、真顔で「本当は第一の権力だろう」と指摘されることも多い。ならば、自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか。

という記述がありまして、従来的に言うと「市民だ!」
となるわけですが、ふと考えてみると、
これはインターネット上の「ネット世論」
そのものなのではなかろうかと思った次第。
実名制を基本とするFacebookはこれには当たらなそうですが、
主に匿名メディアですね、
そこに溢れる市民の本音が
実世界を即座に動かすようになりました。

日本では政治家が謝罪に追い込まれたりするくらいですが、
アフリカなどでは政権が倒れてしまいます。
今や普通の主婦でもまとめサイトくらい読みますし、
Facebookのアカウントは持っていることでしょう。
たまにオシャレなランチをUPするくらいの人でも、
知人がシェアする政治的なニュースも目にはして、
周囲にヘンに思われないよう「いいね」はせずとも、
そこでなにかを感じてはいるはずです。

なぜ今さらそんなことを言うかというと、
ここのところ、レガシーとされる大手メディアの体たらくが、
白日の下に晒されるというケースが
本当に増えてきたように思うんです。
捏造や推測が記者の主義主張によってのみ配信されてきたことを、
市民がネットで簡単に裏取りできることで、
頻度、程度ともに急増、激増してきた、と。

面白いのはこの「第四権力」の真ん中で胡座をかいてる連中が、
その歴史的な権力移行期の只中において、
それに全く気づいていないフシがあるところです。
革命的ではない、
緩やかな衰退期にある権力階級というのは、
武士やジェントリの勃興期における
日本や英国の荘園領主たちのように
そういうものなのかもしれません。
ぼんやりと新興勢力を下に見ながら力を失っていく。

大多数の中道からの生暖かい視線を全く意に介せず、
「アベ叩き」に奔走する朝日や東京新聞は元より、
この産経の記者ですら「誰が監視するのか」ですから。
もちろんこれは「(あなたたち自身ですよ)」
という趣旨の反語として語っているのかもしれませんが、
とにかく、
これまでふんわりと「第五の権力は市民自身だ」
とされてきたのが、
漸くその輪郭がはっきりしてきたのが、
ここ数年の流れなのではないでしょうか。

この第五権力は旧来の三権に対しては、
最終的には「投票」という行動で権力を行使できます。
判断基準とする情報収集はもう第四権力に依存することなく、
SNSを含むネット上で行っています。
第四権力に対しては、不買という形で権力を行使します。
稀にフジテレビへのデモなどもありましたが、
多くの場合、日本人的な奥ゆかしさからか、
静かに距離を取るようになります。

朝日新聞の「押し紙」を除いた実売数の凋落も
すごいらしいですが、
そもそも若手は新聞すら読みません。
いま朝日新聞社の経営を支えているのは、
おそらく学生運動にノスタルジーを感じるだろう
70歳以上の年金と貯蓄です。
オマケにこの層はネットに不得手というボーナス付き。
そしてこの層の貯蓄は平均年齢的に言っても
あと10数年で尽きることは自明です。
第四権力は法に基づく基盤はありませんから、
大幅にその権力を低下させることでしょう。

グループ企業としてのテレビ局や、
下位の事業部門としてのネット部門は生き残るでしょうが、
そもそもテレビも見ませんからね。
この百年、世界の言論を形成してきた「新聞」は
信じられないことにあと10数年で
駅の切符切りのおじさんたちや街角の赤電話のように、
忽然と消滅するわけです。

「お母さん、新聞ってなあに?」
「えっとね、紙に自分たちの主義主張を書いて、
おうちに配達してたのよ」
「えー?紙に?
それぞれのおうちに配達って、お金かかりそう。。。」
「昔はスマホもなかったからね。」
「なんでその人たちの主義主張を読んでたの?」
「昔はそれが真実だと思ってたからね」
「なんで真実だと思ってたの?」
「昔はそれを確かめる手段もなかったのよ。」
「ふーん、不便な世の中だったんだね。」

みたいな会話を、おそらく今の子どもたちが
その子どもたちを交わすことになるんじゃないでしょうか。

第四権力が大きく力を失った後、
第五権力は、直接三権と対峙することになります。
否、国民主権の民主主義の下では
三権こそが国民に従属するわけですが、
注意すべきはこれまでと違って、
第五権力たるネット世論に参加するためには、
国民である必要はありません。
日本語が堪能でありさえすれば参加できますし、
共感が得られる主張であれば、
日本語さえ必要ないと言えます。
つまり「国民」ではなく「市民」ですね。

さらに特異なのは従来の権力階級と違って、
この第五権力には、
他の権力階級の構成員も含まれる点が挙げられます。
裁判官と政治家や、
官僚と新聞社社員は兼務することができませんが、
政治家も新聞社社員も、
匿名という条件下においては
第五権力に所属しています。

政治家や新聞社社員が匿名で
ネット世論に参加、扇動しようとしても、
「日本死ね」のように、
容易に暴かれてしまうのも
またネット時代の特徴と言えるでしょう。
産経の記事が言うように、
第四権力には自浄能力がなく、
少なくとも自由社会の第五権力には自浄能力がある。

ある意味、
誰もが「大衆」として参加できるのが第五権力ですが、
「大衆」は熱しやすく、冷めやすく、
そして移ろいやすいもの。
また、第四権力というリーダーを失った大衆は
統制の取りづらい集団ですが、
大衆自身の判断力や発想力を維持向上させ続けば、
きっとより良い方向に収斂していくことでしょう。

「第五権力」でググってみたところ、
さすがはグーグルのシュミット会長が本を書いてました。


第五の権力—Googleには見えている未来

さすがはグーグル先生の先生。
どうせなら原書で読んでみたいと思ったので
さらにググって見たところ、、


The New Digital Age: Reshaping the Future of People, Nations and Business

全然「第五権力」じゃないじゃん(笑)
これがネーミング力、ライティング力か。
素晴らしい。
僕もまだまだ学ばねば。

そしていつか読もうと思ってカートに入れっぱなしになり、
そのうち「後で買う」にして、
そのまま読まずに終わりそうな気がしますが、
とりあえずカートに入れときました。(笑)

20年後、
我々第五権力に支配される我々自身は、
一体どこに向かうのか。
第五権力をリードするのは何なのか。
想像するだけで面白いですね。
え、面白くない?!
性善説に基いて、
人類の叡智に期待することにします。

(つづく)

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
[`yahoo_users` not found]
Pocket
LINEで送る