海の日。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

SONY DSC

 
ちょっと時間が空いてしまいましたが、今年も行ってきました千葉県は夷隅の海。
12年前の海の日に、後輩が事故ってしまいました。
一応、それから毎年、海の日近辺で都合のつく人を集めて行ってます。
と言ってもほとんど同じ人間ですが。

若くして死んだので、初めの頃は命日ともなるとかなり大勢の、
20人とか30人とか集まって、BBQしたり、花火したり、盛大にやったものですが、
やはりみんな大人になって、年々行く人も減って、
今年はついに後輩と二人になってしまいました。
僕はできる限り行き続けようと思ってますけどね。

彼は上智の帰国子女で、典型的な「海外で活躍したいから商社!」と入社してきたクチでしたが、
その志も半ばどころか、入口の手前で断念せざるを得なかった無念が想像できるだけに、
生き残った僕たちは、彼の分も文字通り「死ぬ気で」がんばらなくっちゃならないんだ、
「チャレンジできる」ってことが、どれほどラッキーでハッピーなことなのか、なんて、
見送りながら思ったものです。

今生きていれば37-8歳のバリバリの商社マンで、外国に駐在して新しい商売を開発したり、
部下が出来たり、結婚したり、子供がいたり、生きていればそんなこと当たり前で、
面白くもないルーティンに追われながら、文句の1つや2つ言ってるのかもしれませんが、
生きてないからこそ、そういう当たり前のこと、したかったろうな、と思うのです。

逆に、それができている自分は、ラッキーなんだってことを、しっかり自覚して、
毎日を生きてかなくちゃいけないんだと思うんですよね。
チャレンジする権利すら取り上げられたあいつを前にして、
チャレンジすらしないなんて申し訳が立たない!って思うんです。
僕が無謀にもなんの後ろ盾もなく会社とか始めたのも、彼の死から受けた影響、
とても大きかったと思います。

ちょうど、前の晩に新宿で一緒に飲んでいて、彼は当時、横浜に住んでいたんですが、
「このまま明日、千葉の海に行く」なんて東京方面の電車に乗るもんですから、
「気をつけろよ~(笑)」なんて別れてそれっきりです。
死はいつでだって突然です。
津波の被害に遭われた方々も、そろそろまずいかな、、なんて思ってた頃の父も、
その前の日には、まさか運命の日が翌日訪れるとは夢にも思っていなかったはずです。
こう書いてる今だって、1時間後に東海沖地震が起こるかもしれないし、
牛乳を買いに出かけたコンビニの前で、居眠り運転のトラックが突っ込んでくるかもしれません。
だからこそ、生きている間は、しっかり精一杯、生きていこうと、
これ書いてて改めて思いました。

そうそう、今月から一部アイテムをamazonにも出品始めました。
おひまじゃなくっても、一度見てみてください。(笑)

BESIGN SHOP AMASON支店


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Skype from Africa

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

skype from Africa

夕方。
スカイプのビデオチャットの呼び出し音が鳴ったので、誰かと思ったら、
アフリカはウガンダに青年海外協力隊で行っている、幼なじみからでした。
小学校で英語やらイロイロ?教えてるんだそうです。

アフリカ。

日本からは距離的も感覚的にも遠い地域ですね。
僕もそこそこいろんな国に行きましたが、アフリカ大陸はまだ未踏の地。
一番南西方向でイランやUAEくらい。

地政学的に言えば、アフリカの諸国はやはり旧宗主国である欧州列強各国との
結びつきが強かった地域ですが、最近はチャイナの進出が著しいらしいですね。
某戦場カメラマン氏によれば、「中華料理屋がある所なら行ける」というくらい、
戦地でも最前線の手前くらいまで商売しにいくのが中華魂。
最近だと数百人規模の人足まで連れて行って、工場とか作ってるということなので、
手厚い海外赴任手当なければ行かないよ、できれば欧米ね、
なんて言ってるヌルイ日本(企業)が太刀打ちできるわけありませんなあ。
(手厚い赴任手当ナシで発展途上国行ってる企業戦士さんいたらスミマセン。アンタはエライ!)

そうそう、この写真に写ってる子たちの中には、
スーダンから留学(避難?亡命?)してきた子も含まれているそうで、
母国では普通に少年兵だったそうです。
きっと幼いその目で虐殺とか見てきたんでしょうか。

でもみんな、いつかNHKのドキュメンタリーで見たことのあるような、
キラキラした目で、いろんな質問してきましたよ。
「日本は今何時?」、「外の景色も写して!」、「日本料理ってどういうの?」などなど。
驚いたことにみんな英語が堪能です。

アフリカって言うのは、遺伝子学的には人類発祥の地で、
古くはエジプト王国やら近年でもエチオピア帝国など、
欧米に劣らない強さを誇った時代もありましたが、なぜか内紛や内部闘争を包含していて、
そこに付け込まれて他民族の侵入を許してきた歴史があります。
北米やインドと同じ構図ですね。
そしてここ400年くらいは欧米に支配され、搾取され、
世界で最も貧しく、悲惨な地域となってしまいました。
(歴史時代のことなので、現代の善悪感情で語ることはできませんが)

日本で「海外の恵まれない子供たち」というと、カンボジアやベトナムあたりの戦争孤児やら
遠くても今でいえばアフガンあたりのイメージ強いですが、アフリカ。
なんか新鮮な響きです。
ちょっとでもナニカ、買ってあげれば、彼らの小学校の10個や20個建てられそうなものですが、
なんか日本に輸出できるモノないかねーと、今幼なじみと話しているところです。

そうそう、マクドナルドのフィレオフィッシュの白身魚。
あれ実はウガンダにあるビクトリア湖という淡水湖の巨大魚なんだそうです。
やっぱりそういう一次産業の商品ですかねー。
今彼らが教えてる子供たちが大人になった頃には、
世界の工場チャイナから、製造の仕事を分捕れるくらいになっているんでしょうか。
きっと先進諸国の「安価な労働力」を探す旅の最終地点は、アフリカのどこかなんでしょうな。

まー悲しい現実として、世界中が日本レベルの物質的豊かさを享受するのは、
物理的、二酸化炭素的、食料問題的、エネルギー問題的に不可能なんでしょうけれど、
少なくとも、子供が餓死したり、親に売られたりしない程度に、
支援物資のなんの味もしなさそうなコーンのペーストみたいのを
おいしそうにペロペロしたりしなくて済む程度に、
なんらかの「施し」をしてあげたいと思うのは、
豊かな先進国民の驕りでしょうか。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

枇杷。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

びわ。

実家の隣りの小川さんちの庭には、
大きな枇杷の木が一本あって、
いつも夏のこの時期になると、
部活の帰りなんかによく、
友達ともいでは食べてました。懐かしーなー。

娘さんたちが独立して家を出ていった後、
小川さんちはおじいちゃんとおばあちゃんしかいなかったので、
うちの親父が脚立を出して、
剪定とかしてあげてたんですが、
それもあってか、
「カラスとかが食べ散らかす前に食べなくっちゃ」とばかりに、
まるで自分ちの枇杷のように、
勝手に食べてましたねー。(笑)

食べては種とかその辺にプップするので、
よく母親にも叱られたものです。

そんな枇杷が新宿のスーパーでは6個で598円。
1個100円かよw
って感じですが。

実も至って普通のサイズ。
枇杷ってそれほど甘いわけでもないし、
食べやすいわけでもないのに、
この値段じゃ、
枇杷に特別思い入れとかない人にとっては、
ほとんど意味不明に近い価格なんじゃないでしょか。

でもね、
僕なんかはやっぱり枇杷を食べると、
ほのかな枇杷の香りと甘さに、
6個なんてあっという間に食べちゃうんですけど、
夕焼けで辺りがピンクというかオレンジっぽく染まった夏の日の夕方に、
汗まみれで疲れて部活から帰ってくると、
庭先で親父と小川さんちのおじいちゃんが話してたりして、
その横で僕らや弟なんかが、
無心に枇杷をむさぼってる(笑)光景なんかが甦ってきて、
しばしの間、
なにか切ないような懐かしさに、
思わずニヤけてしまったりするのです。

10分600円の時間旅行。
安いもんですよね^^

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •