顕在化する第5権力。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

とある大手新聞社のサイトに、こんな記事がありました。
内容は「左翼メディアの低質化が止まらない!」
という産経によくあるものなんですが、その中で、

マスコミは、行政・立法・司法の三権と並ぶ「第四の権力」とも呼ばれる。政治家からは、真顔で「本当は第一の権力だろう」と指摘されることも多い。ならば、自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか。

という記述がありまして、従来的に言うと「市民だ!」
となるわけですが、ふと考えてみると、
これはインターネット上の「ネット世論」
そのものなのではなかろうかと思った次第。
実名制を基本とするFacebookはこれには当たらなそうですが、
主に匿名メディアですね、
そこに溢れる市民の本音が
実世界を即座に動かすようになりました。

日本では政治家が謝罪に追い込まれたりするくらいですが、
アフリカなどでは政権が倒れてしまいます。
今や普通の主婦でもまとめサイトくらい読みますし、
Facebookのアカウントは持っていることでしょう。
たまにオシャレなランチをUPするくらいの人でも、
知人がシェアする政治的なニュースも目にはして、
周囲にヘンに思われないよう「いいね」はせずとも、
そこでなにかを感じてはいるはずです。

なぜ今さらそんなことを言うかというと、
ここのところ、レガシーとされる大手メディアの体たらくが、
白日の下に晒されるというケースが
本当に増えてきたように思うんです。
捏造や推測が記者の主義主張によってのみ配信されてきたことを、
市民がネットで簡単に裏取りできることで、
頻度、程度ともに急増、激増してきた、と。

面白いのはこの「第四権力」の真ん中で胡座をかいてる連中が、
その歴史的な権力移行期の只中において、
それに全く気づいていないフシがあるところです。
革命的ではない、
緩やかな衰退期にある権力階級というのは、
武士やジェントリの勃興期における
日本や英国の荘園領主たちのように
そういうものなのかもしれません。
ぼんやりと新興勢力を下に見ながら力を失っていく。

大多数の中道からの生暖かい視線を全く意に介せず、
「アベ叩き」に奔走する朝日や東京新聞は元より、
この産経の記者ですら「誰が監視するのか」ですから。
もちろんこれは「(あなたたち自身ですよ)」
という趣旨の反語として語っているのかもしれませんが、
とにかく、
これまでふんわりと「第五の権力は市民自身だ」
とされてきたのが、
漸くその輪郭がはっきりしてきたのが、
ここ数年の流れなのではないでしょうか。

この第五権力は旧来の三権に対しては、
最終的には「投票」という行動で権力を行使できます。
判断基準とする情報収集はもう第四権力に依存することなく、
SNSを含むネット上で行っています。
第四権力に対しては、不買という形で権力を行使します。
稀にフジテレビへのデモなどもありましたが、
多くの場合、日本人的な奥ゆかしさからか、
静かに距離を取るようになります。

朝日新聞の「押し紙」を除いた実売数の凋落も
すごいらしいですが、
そもそも若手は新聞すら読みません。
いま朝日新聞社の経営を支えているのは、
おそらく学生運動にノスタルジーを感じるだろう
70歳以上の年金と貯蓄です。
オマケにこの層はネットに不得手というボーナス付き。
そしてこの層の貯蓄は平均年齢的に言っても
あと10数年で尽きることは自明です。
第四権力は法に基づく基盤はありませんから、
大幅にその権力を低下させることでしょう。

グループ企業としてのテレビ局や、
下位の事業部門としてのネット部門は生き残るでしょうが、
そもそもテレビも見ませんからね。
この百年、世界の言論を形成してきた「新聞」は
信じられないことにあと10数年で
駅の切符切りのおじさんたちや街角の赤電話のように、
忽然と消滅するわけです。

「お母さん、新聞ってなあに?」
「えっとね、紙に自分たちの主義主張を書いて、
おうちに配達してたのよ」
「えー?紙に?
それぞれのおうちに配達って、お金かかりそう。。。」
「昔はスマホもなかったからね。」
「なんでその人たちの主義主張を読んでたの?」
「昔はそれが真実だと思ってたからね」
「なんで真実だと思ってたの?」
「昔はそれを確かめる手段もなかったのよ。」
「ふーん、不便な世の中だったんだね。」

みたいな会話を、おそらく今の子どもたちが
その子どもたちを交わすことになるんじゃないでしょうか。

第四権力が大きく力を失った後、
第五権力は、直接三権と対峙することになります。
否、国民主権の民主主義の下では
三権こそが国民に従属するわけですが、
注意すべきはこれまでと違って、
第五権力たるネット世論に参加するためには、
国民である必要はありません。
日本語が堪能でありさえすれば参加できますし、
共感が得られる主張であれば、
日本語さえ必要ないと言えます。
つまり「国民」ではなく「市民」ですね。

さらに特異なのは従来の権力階級と違って、
この第五権力には、
他の権力階級の構成員も含まれる点が挙げられます。
裁判官と政治家や、
官僚と新聞社社員は兼務することができませんが、
政治家も新聞社社員も、
匿名という条件下においては
第五権力に所属しています。

政治家や新聞社社員が匿名で
ネット世論に参加、扇動しようとしても、
「日本死ね」のように、
容易に暴かれてしまうのも
またネット時代の特徴と言えるでしょう。
産経の記事が言うように、
第四権力には自浄能力がなく、
少なくとも自由社会の第五権力には自浄能力がある。

ある意味、
誰もが「大衆」として参加できるのが第五権力ですが、
「大衆」は熱しやすく、冷めやすく、
そして移ろいやすいもの。
また、第四権力というリーダーを失った大衆は
統制の取りづらい集団ですが、
大衆自身の判断力や発想力を維持向上させ続けば、
きっとより良い方向に収斂していくことでしょう。

「第五権力」でググってみたところ、
さすがはグーグルのシュミット会長が本を書いてました。


第五の権力—Googleには見えている未来

さすがはグーグル先生の先生。
どうせなら原書で読んでみたいと思ったので
さらにググって見たところ、、


The New Digital Age: Reshaping the Future of People, Nations and Business

全然「第五権力」じゃないじゃん(笑)
これがネーミング力、ライティング力か。
素晴らしい。
僕もまだまだ学ばねば。

そしていつか読もうと思ってカートに入れっぱなしになり、
そのうち「後で買う」にして、
そのまま読まずに終わりそうな気がしますが、
とりあえずカートに入れときました。(笑)

20年後、
我々第五権力に支配される我々自身は、
一体どこに向かうのか。
第五権力をリードするのは何なのか。
想像するだけで面白いですね。
え、面白くない?!
性善説に基いて、
人類の叡智に期待することにします。

(つづく)


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

実名ブログの使い方。(序)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

「ブログ」というメディアが市民権を得て早10数年が過ぎ、
今では当たり前というよりもむしろ、
FacebookやInstagramに押され気味で
既に「旧メディア」と言ってもいいくらいの
位置付けになっています。

それでも画像をパッパと見せて、
カジュアルな「いいね」をもらうだけのSNSに比べて、
自分の意見や考えを、
しっかり伝えようとするならば、
まだまだブログも捨てたものではありません。

「誰でも発信できる」という自由は、
一方で「誰にでも見られてしまう」リスクと裏腹です。
なにも子供の幼稚園の門が写っていたり、
画像にEXIFが残っていたりと言った
「個人情報」に限りません。
「この人は何を考えているのか」と言った、
書き手の「心の中」まで見られてしまいます。

2ちゃんねるなどの「匿名掲示板」と違って、
ブログは同じ人が書き続けるわけなので、
実名であろうと、
HN(ハンドルネーム)などを用いた匿名であろうと、
読み手は書き手に対し、
一定のパーソナリティを想起します。
これがブログにおける「セルフブランディング」で、
書く内容を意識的にコントロールすることで、
「なりたい自分」を演じられるわけですね。

でも、よくよく推敲しながらマネジメントしないと、
やはりあちらこちらにボロが出る。
中の人の住所や、心の中がにじみ出る。
多くの人は素通りしていきますが、
稀に狂信的、変質的な読み手に出くわすと、
炎上したり、事件に発展したりするというわけです。

意識的に「にじみ出」したり、
「炎上」させたりするのではれば問題ないというよりも、
狙い通りとなるわけですが、
思わず「出ちゃった」、「炎上しちゃった」となると
それは「ブログなんて書かなきゃよかった」
ということになります。
パーソナリティのマネジメントが重要です。

ブログを書いて、ネット上で読み手とやりとりする経験は、
商品説明文を書いたり、SNSに投稿したりと、
ネットで消費者と対峙する担当者にとって、
とてもいい訓練になります。
なので最近、うちのスタッフたちにも
「ブログ書け書け」言ってるわけですが、
主に彼らに向けてという感覚ではありますが、
まとめて書いておこうと思った次第です。

部外者の人にとっては、
後之先の「手の内公開」にもなるわけですが、
有益な情報を公開知とすることが、
インターネットのそもそもの利点であったりもしますので、
ここは1つ、人類に貢献したい!
ということで開陳することを決意しました。

前置きが長くなりました。

えー、今回はここまで(笑)

以上、よろしくお願いいたします。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

初入院。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

先日、とある要件で、
生まれて初めて「入院」というものをしたんです。
あの「病室」という空間は、
これまでも「お見舞い」という立場では、
もちろん何度も行ったことがあるわけですが、
いざ自分がベッドに横たわって見える景色は、
それまで自分が知ってるつもりだったそれとはまた、
ひと味もふた味も違ったものでした。

今回はあらかじめ二泊くらいということがほぼ見えていて、
手術自体もまあ大したことはないだろう、
ということが分かっていたわけですが、
それでも初日の夜から外出許可を取って自宅でメシを食い、
シャワーを浴び、
門限ギリギリまでタバコを吸ってから戻るような、
不良患者でして、
今でこそ手術や全身麻酔含めて、
「いい経験したな」
なんて呑気なことを言ってるわけですが、
世の中には先の見えない入院生活をされている方が、
それこそゴマンといるわけです。

「健康第一」とか「健康の大切さ」なんて言葉は、
あまりに漠然としていて、
正直なところ、あまりリアリティがありません。
子供の頃、お母さんに「健康が一番よ」なんて言われても、
「あーはいはい」ってなモンでした、よね? きっと。
でも今回、この歳にして
「健康がなぜ幸せなのか」をはっきりと実感できました。
健康って「自由」なんです。

自由に家に帰ったり、好きなところに出掛けたり、
食べたいものを食べたり、会いたい人に会える。
つまり、やりたいことがやりたいだけできる。
それをするだけの肉体的、社会的資格がある。
それが「健康」ってことなんでよすね。

入院すると、程度に応じて自由はかなり制限されます。
食事や外出はお医者さんによって管理されますし、
病院の中ですら、
自由に歩き回ることができない人もたくさんいます。
「この部屋から早く出たい!」
たぶん入院をしたことがある人は、
100%そう思うと思います。
否、99%にしておきましょう。
やっと休みが取れたモーレツ商社マンなんかは
違うかもしれませんね。

僕はベッドからぼけーっと病室を眺めていて、
「これは牢屋に似てるな」と思いました。
もちろん牢屋に比べれば自由度は高いんでしょうけれど、
それも人によりますね、
寝たきりで寝返り1つ打てない人もいるわけです。
そもそも「出たいのに出れない」っていう部分だけでも
既に牢屋と同じようなものです。
なにせ退院して出てきて、一本目のタバコを吸った時、
「やっぱりシャバの空気はうめぇなぁ」って、
自然と口に出ましたからね(笑)

「健康」は「自由」。
もちろん痛みや吐き気、
物理的な苦しみからの自由もあるでしょう。
自由でとってもありがたい毎日です。
これが1つ目。

もう1つが「自分がいなくなっても回る仕組み」。
僕の場合は専ら仕事についてですが、
一家の大黒柱のお父さんや、家を守るお母さんも、
きっと同じことが言えると思います。
自分が急にいなくなっても、
この子たちがちゃんと暮らしていけるように、みたいな。
お金のことだけじゃないですよ。
女の子だったら一緒に料理して教えておくとか、
男の子だったら一緒に釣りにでも行っておくとか、
正直、人間なんていつなにがあるか分かりません。

上で書いたように、今回は「だいたい二泊くらい」
というのが分かってましたし、
今は僕の代わりに毎日注文を捌いてくれる仲間や、
商品を毎日出荷してくれる倉庫さんがいます。
でも僕にしかできない仕事も当然ながらあるわけで、
「これ半年入院となかったら終わるよな(笑)」
とか悪ぶっていたのですが、
入院の内容によっては
本当に閉店ガラガラするハメになるかもしれません。

半年とは言わないまでも、1ヶ月でも結構まずい。
手術も今回は簡単なものだとは分かってましたが、
万が一ということもある。
全身麻酔も何万分の1かで事故があるとか聞くと、
直前は、もうめちゃくちゃ不安になります。
なので一応、万が一という事態に備えて、
その月の末の支払いや、ここに通帳入ってるよとか、
最低限やらなければならないことだけ打ち合わせしました。

入金の方は、まあ自分が死んだらどうでもいいんですが、
やっぱり支払いの方ですね。
仕入れの代金や、借入金、給料、家賃、etc.
これ、ピンでやってる自営の人や、
あと友人にもいますが歯医者さん、
美容師さんなんかも同じだと思うんですが、
早く「自分がいなくても回る体制」を作りたい、
作っておかなければならない。
そう思いました。

もちろん、保険に入ったり、
健康診断に行ったりすることも大切なんでしょうけれど、
人間ドックでは出てこないガンや、
保険の出ない手術なんかもいくらでもあるわけで、
備えあっても憂いなんか尽きません。

その昔、インターネット黎明期に「遺言ドットコム」
みたいなサイトを作ろうと思ったことがありますが(笑)
いやガワだけは作ったのですが(笑)
遺言ってなにも財産分与について
公正証書を残すことだけではないはずです。
通帳と印鑑はここねとか、未払い分の請求書はここねとか、
あそこの棚におやつ入ってるからねとか。

社長さんやお父さん、お母さん、
自分が急にいなくなった時に誰かが困る立場にいる人は、
メモくらいでも家族や従業員に残しておくべきでしょう。
発つ鳥後を濁さず、です。

でもねー、喉元過ぎればなんとやら。
退院から早数ヶ月が経ち、
日々の忙しさにかまけて、
そういうメモもまだちゃんと書けてないばかりか、
健康のありがたみさえも、だいぶ薄れてきてしまいました。
ここが凡人の浅はかさよ。
いかんいかん、時にあの時の気持ちに立ち戻って、
自分を戒めねば、、、ということで一筆啓上した次第。
みなさん、ご準備されてますでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •