少年よ、大志を抱くなら株をやれ。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

いつか会社をやってみたい。
そう思ってる学生さんや若い人は多いと思います。
でも実際に「やってみる」という人は
おそらく、そのうちごく僅かです。

理由はさまざまでしょうけれど、
一番はやっぱり「カネがない」でしょうか。
けど「カネ」さえあれば会社は作れますが、
それで食っていけるかどうかはまた別の話です。

「起業」って言葉はあまり好きじゃないんですよね。
我が恩師も「そもそも業を企てる”企業”という言葉こそ
本来の「起業」を包含する」などおっしゃってましたが、
会社を作るのなんて、実はチョー簡単です。
ネットで登記申請や定款の例文を探してきて、
印紙を貼って法務局に出すだけ、
今は資本金は1円でOK、印紙代が20万くらいですか。
しかしそれを半年、1年、5年、10年と継続することが
実に難しいわけですね。
なので「起業」なんか目標にしてたらダメです。
会社は起こして終わりではなく、そこが始まり。
ゴールではなくスタートでしかありません。

さて、商売をやるにあたって、どういうお金が
どれくらい掛かって、こんな大変なんだよ、
という話は別でやるとして、
備えあれば憂いなし。
まずは自己資金を作っておきましょう。
親パワーがある人は別として、
マネーの虎みたいのはダメです。おすすめできない。
人のカネでやっても、結局は人の商売です。
これはぜひ覚えておいていただきたい。

ということで、まずはざっくり自己資金1千万。
30歳までに作る、としましょう。
給料なんて雀の涙の20代。
僕も宵越しの銭は持たない多摩っ子でしたから、
貯金なんてからっきしありませんでした。
財形なんかでコツコツ貯めても埒が明きません。
そこで僕が手を付けたのが「株」でした。
今から「なぜ株なのか」を説明します。

■株を奨める理由、その1
「貯金では30歳に間に合わない」

会社に入ってすぐは誰でも貯金0円ですので、
まずは種銭を作らなければなりません。
なので1年目はやはり貯金。
がんばって月に3万、
ボーナスが出れば10万くらい入れましょうか。
すると1年目の終わりに56万円貯まってるはずですね。
ざっくり50万としましょう。

さて2年目。
貯金は足し算ですから、50+3+3+3+10+3+…
で、2年目の終わりに100万になっているはずです
3年目の終わりで150万、4年目で…という具合。
つまり、年50万貯金というペースで行くと、
1000万貯まるのに20年かかります。
今あなたが23歳とすると43歳。
つまり、「30歳には間に合わない」わけですね。

対する株は掛け算です。
仮に月に10%勝つとしましょう。すると、
50*110%*110%*110%…で、2年目の終わりが157万、
3年目の終わりに492万、そして4年目の終わり、
総資産は1546万円になっています。
もちろん毎月安定して10%勝つなんてのは
絶対不可能、と思うかもしれませんが、
理屈の上では株にはその可能性がある。
貯金には可能性すらないわけです。
実際、僕はもうちょっと後のことになりますが、
およそ2年で100万が3000万になりました。
そして会社を辞めて欧州に旅立った。
帰ってきて会社を始めた。
これは現実にあったことです。

■株を奨める理由、その2
「産業界に精通する」

現在、昔に比べれば随分と増えましたが
東証一部には約2000社、二部に500社、
JASDAQ700社、マザースに200社あります。
おそらく一般のサラリーマンで東証一部の2000社を
すらすらと言える人はなかなかいないと思いますが、
東証一部の企業なら知らない方が恥をかく。
少なくとも日経225銘柄は知ってないとまずい。

かつてMBSの授業中に「菱食ってなんですか?」
という発言があって、おそらくは日本の中でも
意識高い系がそれなりに集っていたと思われる
ビジネススクールでもこれか…と、
びっくりした記憶がありますが、
自分の業界に関係ない企業だと
結構そんなものなのかもしれません。
もし彼が株をやっていれば、きっと
あんな恥はかかずに済んだかもしれませんね。

株(の銘柄)を調べていると、
日本中の会社という会社に自然と詳しくなってきます。
世の中にはどういう会社があって、
売上がどれくらいで、どういう商品が売れ筋で、
どういう新規事業をしていて、競合はどこで、
提携先がどこで、etc…

本来ビジネスマンが素養として知っておくべき、
産業界のいろいろな動きに精通してきます。
そうでないと勝てませんから。
そして将来、会社をやるならなおさらです。
一石二鳥、資産形成と勉強、趣味と実益を兼ねて
会社経営の準備にはもってこいなのです。

■株を奨める理由、その3
「相場を知る」

投資銘柄を探す手段はたくさんありますが、
つまるところ株式投資は株価チャートを見ます。
株をやっていると、
決算が良かったのに株価が上がらなかったり、
財務内容が悪いのに株価が高い、
なんて銘柄がよくあります。
というよりも、極論を言えば、株価の決定には
業績や財務内容は、実はあまり関係ないのです。
上がりそうだ、人が思えば上がるし、
下がりそうだ、と思う人が多ければ下がる、
それだけなのです。
株価はそういった「ムード」で動きます。
そのムードの流れが分かるのがチャートです。

このチャートが見れるようになると、他の相場商品、
外国為替だったり、商品先物であったり、
いわゆる「相場商品」全般に応用できます。
為替相場や商品市況に理解があることは
経営者にとって決してマイナスになることはありません。

■株を奨める理由、その4
「流行株、人気株の割高さを知る」

そしてなによりも、「相場を知る」ようになると、
世の中で人気が盛り上がってるというモノ・ゴトが、
いかに割高か、と感じるようになるでしょう。
個人的にはこれが一番大きいと思うんですが、
ものの見方が変わります。

当然のことながら株は安い時に買って、高い時売る、
これが儲けの基本ですよね。
しかし、よくテレビで「日経平均が◯◯円になった
(上がった)」なんて言われだすと慌てて飛びつく
養分投資家が山ほどいます。
でも「株がすごい上がった」というニュースは、
「高い時に売る」のセオリーに従えば、
大抵は売りのサインなのです。

同じように人気の街に住めば家賃は割高ですし、
人気のカフェにアホみたいに行列すれば
時間という貴重な資源を浪費してしまいます。
これ実は商売においても全く同じで、
よそがやってからうちもやる、
そんなスタンスではワンノブゼムに埋没してしまい、
その後も低利益率に悩む、
万年カツカツの会社になってしまいます。

まだ人が注目していない良い街に住み、
人知れぬ名店を見つけて、
まだ注目されてないメーカーと契約する。
そういう生き方の方がよくなくないですか?
株の世界ではこういう生き方を
「人の行く裏に道あり花の山」
と言います。

■株を奨める理由、その5
「人生の役に立つ格言がたくさんある」

上で紹介した「人の行く~」は僕の座右の銘
と言っていいほど生活態度に影響を与えた言葉ですが、
株の格言には株式相場においてだけでなく、
人生や生活そのものに当てはめることができる名言が
たくさんあります。
以下は僕の好きなやつです。
意味はググって調べてみてください。

「人の行く裏に道あり花の山」
「頭と尻尾はくれてやれ」
「もうはまだなり、まだはもうなり」

■株を奨める理由、その6
「損切りを覚える」

別の機会に書くことがあるかも知れませんが、
株式投資にはいくつものセオリーがあります。
その中で一番重要だと思うのが「損切り」です。

株式投資で勝つ方法は、簡単に言うと、
・上がりそうな銘柄を見つける
・買ってみる
・上がったらそのまま持つ。
・下がったら(予想が外れたら)すぐ売る←損切り
というものですが、これを厳格に守ってやれば、
大損することはないはずです。
でも初めはこれが難しい。非常に難しい。
どうしても持ち続けてしまう。
これを塩漬けと言いますが、
株式投資でしっかり利益を残すためには、
損切りは必修科目です。

この損切り、実生活や商売にも非常に役立ちます。
例えば在庫。
売れ残った不良在庫は財務悪化要因の最たるもので、
設備や人員などにも言えるんですが、
含み損をいつまでもダラダラと抱えてるのは不健全です。
不要なら損切りする、必要になったらまた買い戻せばいい。
これを柔軟にやれないと、
企業は徐々にぬるま湯体質になって、
じりじりと茹で蛙のようになってしまいます。

実生活でもそう。
断捨離、難しいですよね。
いつかまた使うかもしれない…そう思うと
簡単には捨てられません。分かります。
腐れ縁、離れがたいんですよね。
親の住んでた空き家、なかなか売れないですよね。
こういうのは全部、すぱっと損切りすれば、
爽やかな気持ちで次へ進むことができます。

■株を奨める理由、その7
「月々貯金しなくて済む」

会社に入ったばかりの20代。
手取りで20万あったら良い方ではないでしょうか。
そこから毎月5万円貯金に回すのは本当に大変です。
いろんなことを我慢しなければなりません。
私は我慢できませんでしたが。

でもね、20代こそ目一杯遊んだ方がいいと思うんです。
一人でゲームやっててもダメですよ。
いろんなところに顔を出して、
たくさん友達を作って、たくさん会話して、
たくさん経験して欲しいと思うんです。

実際のところ、30代になると、お金はあっても
今度は職場や家庭での役割が増えていて、
もう遊ぶ時間はあまりなくなります。
仲間もそうなりますから、相手もいなくなってきます。
経営資源としての現金はもちろん重要なんですが、
人生における「若さ」や「青春」って、
それはもう年寄りの数億円に匹敵するほど
かけがえのないものなんです。

20代は目一杯遊んで友達をたくさん作りましょう。
30までに損得を抜きにしてできた友達と、
それ以降に仕事などを通じて知り合った人では
やはり深みが違います。
将来会社をやるなら、いややらなくてもなんですが、
「損得抜きの昔からの友達」ってものすごい大事です。
友達作りにカネがいる、というわけではないんですが、
やはり飲みに行ったり、遊びに行ったり、
交際費って結構かかりますよね。
青春を削ってセコセコ貯金するのは、どうかと。

ですが、株をやって、うまくいけてれば、ですが、
資産形成は株の方で自然と増えていくので、
毎月そこへ資金を補充する必要はないんです。
20代の月5万、切り詰めて切り詰めて貯金するより、
もらった給料は全部将来の自分へ投資しましょう。

長くなってしましましたが、いかがでしょうか。
これで株やらない理由、
あります?

おわり。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

明治大学よ、通学を再開せよ。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

明治大学学長
大六野耕作殿

はじめまして。
’96営卒、’06GB了の佐藤と申します。

今春、知人の御子息が本学へ無事入学いたしまして、
知人共々喜んでいたのですが、
聞くところによると未だオンライン授業を継続されており、
通常授業の予定は立っていないと聞き及びました。
一体、なんということでしょうか。

大六野先輩は大学時代の良き思い出と言えば、
なにを思い出されますか。
大学生活でいつが一番思い出深い年だったでしょうか。
私にとっては1年生、そしてやはり春です。
合格した嬉しさ、半分大人になったような開放感、
只々、酒を飲んだり、麻雀をしたりしていただけですが、
なにか毎日ワクワクして楽しかった。
今年の1年生はそれを味わうことができませんでした。
それはコロナで日本、否、
世界全体がそうであったから仕方ありません。
しかし今、幼稚園から小学校、中学校、高校までもが
授業を再開していて、大学だけが
未だコロナに怯えて引き籠もっているとは何事でしょうか。

私には大人たちのつまらぬ保身のために、
学生たちの青春が犠牲になっているとしか見えません。
自分の任期中に、自分の学部から感染者が出たら面倒だ、
責任問題に発展するかもしれない。
老後の貯蓄も十分でない、ローンも終わっていない、
とにかく感染者を出すよりも、全部休ませてしまえばいい、
そんな短絡的、自己中心的な考えでいるから、
未だ授業の再開に踏み切れていないのではないでしょうか。

正直なところ、そんなつまらぬ大人たちの老後よりも、
この国の未来を担う数万学生の青春の方が貴重で尊い。
最高学府にに勤める人間というのは、
そういう彼らの未来のため、この国の未来のために
教育者となったのではなかったのでしょうか。
幼稚園よりも人数が多いから?
大学生はハメを外して騒ぐから?
「教えて育てる」のが教育であるはずです。
私には「教育」を放棄しているとしか思えません。
単に学生を「管理」しているだけです。

そして、これは商売の視点から言っても汚い。
世の中、飲食店も旅館も、歯医者さんも美容院も、
皆コロナと折り合いを付けながら、
なんとか感染者を増やさぬよう、
なんとかお客さんに来てもらえるよう
倒産ギリギリで知恵を絞っているわけです。
それを先に入学金と授業料だけをせしめておいて、
安易に店を閉め続けている。
店を開けて、コロナと、
そして学生とに向き合う努力を放棄している。
金だけ取って!

そういうこの国の大学組織全体に蔓延する、
横並びで不甲斐ない状態の中でも、
早晩自粛は解除されることでしょう。
だからこそ、
周りの大学がコロナと学生から逃げ回っている
今だからこそ、
本学が自粛解除の先駆となるべきだと思うのです。
明治の先生たちは勇気があるぞ、
学生の未来のために、自分たちがきっちり責任を負って、
各校に先駆けて通学授業を再開したぞ、
さあ、学生たち、大学生活を謳歌せよ、
その代わり、密はちゃんと避けるんだぞ、
こういう姿勢を見せることこそが
本来の「教育」なのではないでしょうか。
大学の気風やブランドを醸成し、
世間の評価を向上させるのではないでしょうか。

もう1つ。
大学教育も先々はオンライン化されていくのは自明です。
しかしオンライン化の進展は私学の衰退、
そして最終的には消滅につながることに
気づいていらっしゃいますでしょうか。

大学間には偏差値的な意味での格差があり、
それが基盤となって世間の大学の評価となっている
という現実があることに疑問の余地はないと思います。
なぜ入学試験をしてきたのでしょうか。
それは座席数に限りがあったからです。
物理的なキャンパスの広さ、教室数、座席数、
教員数などが決まっていたから、
入学試験で人数を絞ってきたわけです。
ところがオンラインが主流になれば、
全くそうではなくなります。

東大の有名教授の授業が誰でも自宅で受けられる。
オックスフォードやハーバードの授業が自動翻訳で、
世界のどこからでも受けられる。
否、もう既にその頃には優秀な研究者、教育者たちは
大学という組織に在籍していないかもしれません。
実力のある教育者は、世界の学生たちに直接教え、
優秀な研究者は、世界から直接寄付を募ることができます。
そんな時代に、誰が大枚を全額先に支払って
三流の大学のオンライン授業を視聴するのでしょうか。

もちろん今はまだ「大学に所属すること」自体にも
意義があると言えるでしょう。
なぜなら昔大学に所属していた記憶を持つ我々世代が
学生たちを評価しているからです。
我々自身が、大学生活には意義があった、
と信じているからです。
しかし「大学に所属することの意義」とは
一体なんでしょうか。
自宅のパソコンで
必要なコマ数分の授業を視聴することでしょうか。
私は全く違うと思います。
仲間たちと一緒に青春を過ごすことだと思うのです。
そもそも学部の授業など
wikipediaに毛が生えたようなものです。
否、事柄によってはWikipediaの方がよほど詳しい。
あれに良く出席したから優秀だとは全く思えない。
大学に所属する意義、
それは授業を受けること自体ではなく、
仲間たちと共に学び、過ごすことだと思うのです。

今、日本の大学がやっていることは、
その両方の意味で自滅への道を加速しています。
大人たちのつまらぬ保身のために。
そんなつまらぬ人間たちにとっては、
日本の100年後などどうでもいいのかもしれませんね。

だからこそ、
明治には他校に先駆けて自粛を解除して欲しいのです。
否、全ての大学を調べたわけではありません。
どこかの立派な大学は
既に通学を再開しているかもしれませんが、
兎に角、先駆のグループであるべきです。
明治は授業の再開遅かったよね、
などという汚名を後世に残すべきではありません。
命惜しむな、名こそ惜しめ。です。

仮に注意に注意を重ねた上で学生たちがハメを外し、
結果的に感染者が出たとしても、
責任を取って勇退すれば良いではないですか。
あの学長は気骨ある人だったよね、
あの学長は立派な人だったよね、
周りの人間というのは見ているものです。
学生個々人の胸にしっかりと刻まれることでしょう。
反対に、あの学長は学生たちの青春と引き換えに
学長の椅子にしがみついてた、なんて
そんな風に誹られても平気でいられますか?

一度しかない、学生たちの青春のために、
勇気を出して欲しいのです。
社会全体のことなんかよりも、
まず自校の学生たちの青春に賭けていただきたい。
愛する母校と学長殿の奮起と、
勇気ある決断を願っています。
学生たちに一生褪せることのない青春を!

一卒業生より。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ぎっくり腰。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

数年ぶりにまたぎっくり腰になってしまいました。
初めてぎっくり腰になったのは確か20代半ばくらいだったと思うので、
年齢によるものではないと思うんだよなあ。
なにか10年に一度くらいの持病になってしまったような気もします。

ちょうどコロナで外にも出ないし、
ちょうどお盆で出荷なんかもありませんから、
家でゴロゴロしていればいいんですが、
とにかく最初の数日は起き上がることもままならない状態でしたから、
ふと、
これが戦国時代かなにかの戦の最中で、
いざ、えいやー!という時にぎっくり腰にでもなったら、
きっといとも簡単に討ち取られてしまっただろうな、
なんて思いが胸に去来しました。

いや、
過去数千年の間に数人はいたと思うんですよね。
戦の最中、おりゃー!って力んだらぎっくり腰になっちゃったwみたいな人。
日頃いかに鍛錬を重ね、
天下無双の剣の使い手とか言われていても、
ぎっくり腰なんてこれほとんど運でしょうから、
いざ、神妙に勝負致せ!という時に、ビクゥゥゥン。。。
とかなっちゃったら、
それまでの全ての人生がひっくり返ってしまうわけです。

斬った方はたぶん敵が数秒前にぎっくり腰になんて分かりませんから、
「え?あいつ天下無双なの?うそでしょw」
「二秒でスパっ、よw」
「ちょー弱かったw」
「雑魚丸出しwww」
とか、子々孫々に渡って評判を落としてしまったかもしれないわけです。

嗚呼、戦国時代にぎっくり腰にならなくてよかった。。。
いや?!なってたかもしれませんね?!
前前前世にて。

翻って平和な現代、
1年間勉強してきて入試の当日ぎっくり腰、とか、
さんざん資料を仕込んできてプレゼン当日にぎっくり腰、とか、
あるでしょうなあ。
死にはしないので言い訳出来るだけ戦国時代よりはマシですが。

ということでみなさん、
ぎっくり腰もだいたい1-2週間で治りますから、
復活後にリスタートのダッシュを切れるように、
しばしのんびりブログでも書いて、
じっと英気を養っておきましょ~(^^ノ
ということでブログを書いてみました。

おしまい。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •