Category Archives: CULTURE

今日から令和。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

於経団連会館

になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
26年ぶりの10連休が年末年始のお休みかのようで、
昨夜はさながら新年を待つ大晦日のような心持ちで
夜を明かしました。
「平成の大晦日」という感じで
夜を明かしたこともあってか、
今日はなんとなく「令和の元日」
のような気持ちでおりました。
とても清々しい。
東京は雨ですが。
令和は日本にとって良い時代になる気がします。
ビザインにとっても?

先帝陛下におかれましては、
「おつかれさまでした」というより他ありません。
先帝陛下も今年で御年85歳。
普通の「働くおじいちゃん」として見ても、
市井のおじいちゃんたちは一旦60歳で退職するわけで、
現役のまま85歳までやってこられたというだけでも
十分に「おつかれさま」であるわけですが、
天皇、国家元首、国民のスーパースターという、
普通なら10年くらいでヘトヘトになってしまいそうな重責を
55歳から85歳までの30年に渡って担ってこられた。
いやはや、本当におつかれさまでした。

今日からは上皇陛下、上皇様とお呼びするようですが、
上皇という名称があまりにも歴史的過ぎて、
まだしっくり来ませんね。
「上皇」自体は光格天皇以来202年ぶりということですが、
時は江戸。
国元には「お殿様」の大名がいて、
江戸には「上様」の将軍がいる。
多くの国民にとって天皇、上皇は
あまりにもかけ離れた存在であったに違いない。
そういう意味で、
これほどの権威や知名度持つ「上皇」という存在は、
やはり鎌倉時代の後鳥羽上皇や、
平安末、院政期の白河上皇、鳥羽上皇辺りまで遡る。
いやはや、感慨深いことです。

実は私、先帝陛下をお見かけしたことがあります。
上の写真ですが、日付は2008年10月11日。
前々職の蝶理(株)が「設立60年記念祝賀会」を大手町の
まだ建て直す前の経団連会館で開催した時のこと。
会が終わり、同席した先輩方と、
経団連会館の建物を出たのですが、
多くの出席者たちがぞろぞろと東京駅へ向かう中、
自宅が中央線下り方面だったからか、ふと、
「神田まで歩いて帰ろうか」と思いたち、
先輩たちと別れて、
一人反対方向に歩き始めました。
土曜日の昼下がりだったこともあってか、
辺りにはほとんど人気(ひとけ)がなく、
大都会のど真ん中にあって、
妙にシーンとしていたのを覚えています。

神田橋を渡ると、人気のない街中(まちなか)で、
先の方にお巡りさんが数名立っておりまして、
「おや?なにか事件でもあったのかな?」と思い、
ふと、来た道を振り返りますと、
黒塗りのセンチュリーが。
すすーっと。
陛下は後席で皇后様とご一緒で、
おそらくは「いつものように」沿道の国民たちに手を
お振りになるつもりだったのでしょうけれど、
あいにくその前後100メートルくらいは私だけ。
陛下は確かに”私に”(ここ重要)
手を振ってくださいました。(笑)

口さがない友人たちにこの話をすると必ず、
「自意識過剰w」とか、「夢でも見たんだろw」とか
茶化されるわけですが、
本当に周り俺しかいなかったもん。。。
と涙で袖を濡らしてきました。
が、あの時、陛下は確かに”私に”アイコンタクトを賜り、
おそらくは万世一系に通ずる、
神代(かみよ)の神通力をもって、
(ビザイン…がんばってね…!)
と、私めの脳内に直接語りかけてくださったのでした。
あゝ、ありがたや。

何年か前、
同じ会社の後輩がどこかで陛下を見かけたとかで、
写真を撮って、FacebookにUPした時がありまして、
パレードなどの公式行事で
遠距離からというのならまだしも、
割と至近距離で撮ったようでしたので、
「お前、、、よくも天皇陛下に向かって
スマホ向けれたな、、、」と心底蔑んだものですが、
私にとっては、前にすると、言葉を失ってしまう、
自然と背筋が伸びてしまう、
姿勢を正して、頭が下がってしまう、
そんな感じのするお方でした。
おそらくあの方は、天皇家という血統や地位に関わりなく、
人物として相当高位の御魂(みたま)
であらせられるのだと思います。

余談ですが、現代の先進諸国においては、
肉体を持つ「人」は法の下に平等な権利を持つ(べき)
と規定されているわけですが、
我々の「魂」にはその経験による質の高い低いが
あるんじゃないかと感じています。
例えば大昔から何度も「人」をやっていて、
多くの失敗や経験を経てきた魂は磨き、鍛え抜かれ、
もののあはれや道理というものが身についていて、
自然とうまく立ち振る舞えることで、
現世においては人から愛されたり、
ストレスがなかったりして、心の安寧を得て、
割と幸福な日々を過ごしているのではないかと思いますが、
今回はじめて猿から転生してきた、というような魂は、
その中身は、まだほとんど猿のままであるはずです。
あっちでトラブル、こっちでトラブル、
人生は苦難の連続、と感じているのではないでしょうか。
そりゃそうだ、未熟な魂なんだからしょうがない。

世の中には時折「こいつ尋常じゃないな」、
「頭おかしいんじゃないかな」
という人がいると思いますが、
それはおそらく1つ2つ前の前世が本当に「馬」や「鹿」
だったのかもしれません。
思いやりがなかったり、他人(ひと)の物を盗んだり、
高速道路の真ん中で後続車を止めたり、
天皇陛下に間近でスマホを向けたり、etc.…
これは善し悪しということではなくて、
輪廻(संसार)とはそういうものなのだと、
そういう仕組みになってるんじゃないかと、
最近考えるに至りました。

ここで言う前世とは、
今世と隔絶された、1つ前の全く別の人生、
という、いわゆるオカルトめいたものではなくて、
魂がその前入っていた肉体で過ごした時間、
というだけの意味です。
魂はほぼ永遠に存在し続けていて、
時折、肉体に入ったり(生まれたり)出たり(死んだり)
しているだけ(ラジバンダリ)、ということですから、
何万年も何百回も「人」をやってきて、
いろいろな失敗や苦難を経験をしてきた魂と、
ほんの数十年、数回しか「人」をやったことがない魂では、
その悟りや成熟の度合いも
当然違ってきて然るべきというものです。
つまり何万歳の仙人のような古老と、
何十歳の未熟な若者の差のようなもの、
というと想像しやすいでしょうか。
現実社会においては、魂の質の高低と、
現世における地位や名誉が
ほとんどリンクしてなさそうなのが、
実に不思議なところではあるわけですが、
先帝陛下の場合、それが共に高位であった
稀なケースだったのではないかと思います。

ということで話が逸れましたが陛下、
本当に長い間、ご苦労様でした。
あの日賜ったお言葉の通り、
ビザイン…がんばります…!

かしこ。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

アモータルな世界。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

最近、人生観ががらりと変わってしまったことがあります。というか変わってしまった。それは「不死」についてです。話題のNHKスペシャル「人体」を見ても、近年の医療の進歩は凄まじく、この先10年、20年というスパンで、これまで以上にいろいろな病気や症状が解決されていくであろうことは明白です。
昨年、知人のところで奥歯を2本インプラントにしたのですが、最新のインプラントは歯茎を切開することなく、歯茎の上から3Dでスキャンして、そのまま(歯茎の上から)ズドンとインプラントを打ち込むんですよ。縫合や抜歯もないので身体への負担はほとんどと言っていいほどありません。まさにお手軽。まさに身体のパーツをポイと交換できる技術を身をもって体験しました。

「死」とは言うまでもなく、身体のどこかが壊れて、脳に血流が行かなくなった状態のことを言うわけですが、近い将来、身体の壊れたパーツを、もっと手軽に、まるで自動車のように交換しながら寿命を伸ばしていく社会が実現していることでしょう。
いやいや心臓はそんな簡単にはできないよ、毛細血管は、神経系は、という声もあるでしょう。いま僕は46歳ですが、平均寿命の80歳まであと34年あります。医療技術の発達スピードは加速する一方ですから、34年後の平均寿命は100歳を超えているかもしれません。100歳まではあと54年あります。54年後の平均寿命は、、、と考えると、僕らの世代でも50年後くらいに、ある程度の医療技術を享受できるだけの権力や資金があるグループは、120歳、150歳と生きながらえるようになっているんじゃないかと思うわけです。

150歳と言えば今から100年後です。どんなにすごい技術が開発されて普及していることでしょうか。なにしろ100年後の未来ですから、既に人類は200歳くらいまで生き延びる技術を手にしているかもしれません。200歳と言えば150年後です。150年後の未来の人類の寿命は300歳に、250年後の人類は500歳に、、、
なにが言いたいかと言いますと、僕ら世代の中に、既に「不死」の未来に生き残れる人がいるのかもしれない、ということです。「死世代」と「不死世代」の分岐点はどこだかまだ分かりませんが、なんらかの方法で100歳くらいまで生き延びることができれば、「とりあえずの不死」の世界へギリギリ滑り込めるのかもしれない。「とりあえずの不死」さえ手に入れられれば、「完全なる不死」の世界まで生き残れる可能性が大幅に高まるだろう。ということです。
※「不完全な不死」は事故や殺害行為には対応できないから。

1000年後の未来における不死のスタイルは想像だにできません。生身の身体のままiPS細胞のような生体パーツを培養生産して交換していくスタイルなのか、銀河鉄道999のように機械化するのか、はたまた攻殻機動隊のように、電脳的な意識体としてオンライン上で生きているのか。いずれにしてもSFの世界です。
また一方でAIやロボットの技術も同じようなスピードで発達しているでしょうから、不死の機械化された人類と、不死の人類化された機械たちとの境界線も曖昧なものになっているかもしれません。もしくは脳とAIは統合されていて、境界線なんてなくなっているのかもしれません。なにか本当に、まさしく僕らが小さい頃から親しんできたマンガのような世界が、現実の未来としてそこにあるわけです。 

さて、ここで「遠い未来、人類は不死になる」、「僕らの一部はその未来まで生き残ることができる(かもしれない)」、「僕らの一部は既に不死である(かもしれない)」という三段論法が成り立つわけですが、この「不死」という能力は、人類のみならず「生命」が誕生して初めて手にする能力、及び体験です。生命史37億年で初めてで、最大のパラダイムシフトが起こります。
「生きる」という言葉は「死ぬ」という言葉の対義語です。果たして「死ななくなった」我々は「生きている」と言えるのかどうか。「生きている」と言えなくなった我々は「生命体」と言えるのだろうか。世代を伝える(=自身は死ぬ)ことで「生きて」きた我々は、自分自身という個体が生き続ける以上、子孫を残す(=個体を増やすだけの行為となる)必要があるのだろうか。子孫を残す必要がなくなった我々は、雄と雌で番い(つがい)を形成する必要があるのだろうか。そう、つまり「俺たち結婚とかする意味あんのかなw ( ないんじゃん?) 」 ということです。

思った以上に大作になってしまったので、今宵はここまでにしとうございます。
以上、よろしくお願いいたします。

いまから名古屋\(^o^)/ 

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

顕在化する第5権力。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

とある大手新聞社のサイトに、こんな記事がありました。
内容は「左翼メディアの低質化が止まらない!」
という産経によくあるものなんですが、その中で、

マスコミは、行政・立法・司法の三権と並ぶ「第四の権力」とも呼ばれる。政治家からは、真顔で「本当は第一の権力だろう」と指摘されることも多い。ならば、自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか。

という記述がありまして、従来的に言うと「市民だ!」
となるわけですが、ふと考えてみると、
これはインターネット上の「ネット世論」
そのものなのではなかろうかと思った次第。
実名制を基本とするFacebookはこれには当たらなそうですが、
主に匿名メディアですね、
そこに溢れる市民の本音が
実世界を即座に動かすようになりました。

日本では政治家が謝罪に追い込まれたりするくらいですが、
アフリカなどでは政権が倒れてしまいます。
今や普通の主婦でもまとめサイトくらい読みますし、
Facebookのアカウントは持っていることでしょう。
たまにオシャレなランチをUPするくらいの人でも、
知人がシェアする政治的なニュースも目にはして、
周囲にヘンに思われないよう「いいね」はせずとも、
そこでなにかを感じてはいるはずです。

なぜ今さらそんなことを言うかというと、
ここのところ、レガシーとされる大手メディアの体たらくが、
白日の下に晒されるというケースが
本当に増えてきたように思うんです。
捏造や推測が記者の主義主張によってのみ配信されてきたことを、
市民がネットで簡単に裏取りできることで、
頻度、程度ともに急増、激増してきた、と。

面白いのはこの「第四権力」の真ん中で胡座をかいてる連中が、
その歴史的な権力移行期の只中において、
それに全く気づいていないフシがあるところです。
革命的ではない、
緩やかな衰退期にある権力階級というのは、
武士やジェントリの勃興期における
日本や英国の荘園領主たちのように
そういうものなのかもしれません。
ぼんやりと新興勢力を下に見ながら力を失っていく。

大多数の中道からの生暖かい視線を全く意に介せず、
「アベ叩き」に奔走する朝日や東京新聞は元より、
この産経の記者ですら「誰が監視するのか」ですから。
もちろんこれは「(あなたたち自身ですよ)」
という趣旨の反語として語っているのかもしれませんが、
とにかく、
これまでふんわりと「第五の権力は市民自身だ」
とされてきたのが、
漸くその輪郭がはっきりしてきたのが、
ここ数年の流れなのではないでしょうか。

この第五権力は旧来の三権に対しては、
最終的には「投票」という行動で権力を行使できます。
判断基準とする情報収集はもう第四権力に依存することなく、
SNSを含むネット上で行っています。
第四権力に対しては、不買という形で権力を行使します。
稀にフジテレビへのデモなどもありましたが、
多くの場合、日本人的な奥ゆかしさからか、
静かに距離を取るようになります。

朝日新聞の「押し紙」を除いた実売数の凋落も
すごいらしいですが、
そもそも若手は新聞すら読みません。
いま朝日新聞社の経営を支えているのは、
おそらく学生運動にノスタルジーを感じるだろう
70歳以上の年金と貯蓄です。
オマケにこの層はネットに不得手というボーナス付き。
そしてこの層の貯蓄は平均年齢的に言っても
あと10数年で尽きることは自明です。
第四権力は法に基づく基盤はありませんから、
大幅にその権力を低下させることでしょう。

グループ企業としてのテレビ局や、
下位の事業部門としてのネット部門は生き残るでしょうが、
そもそもテレビも見ませんからね。
この百年、世界の言論を形成してきた「新聞」は
信じられないことにあと10数年で
駅の切符切りのおじさんたちや街角の赤電話のように、
忽然と消滅するわけです。

「お母さん、新聞ってなあに?」
「えっとね、紙に自分たちの主義主張を書いて、
おうちに配達してたのよ」
「えー?紙に?
それぞれのおうちに配達って、お金かかりそう。。。」
「昔はスマホもなかったからね。」
「なんでその人たちの主義主張を読んでたの?」
「昔はそれが真実だと思ってたからね」
「なんで真実だと思ってたの?」
「昔はそれを確かめる手段もなかったのよ。」
「ふーん、不便な世の中だったんだね。」

みたいな会話を、おそらく今の子どもたちが
その子どもたちを交わすことになるんじゃないでしょうか。

第四権力が大きく力を失った後、
第五権力は、直接三権と対峙することになります。
否、国民主権の民主主義の下では
三権こそが国民に従属するわけですが、
注意すべきはこれまでと違って、
第五権力たるネット世論に参加するためには、
国民である必要はありません。
日本語が堪能でありさえすれば参加できますし、
共感が得られる主張であれば、
日本語さえ必要ないと言えます。
つまり「国民」ではなく「市民」ですね。

さらに特異なのは従来の権力階級と違って、
この第五権力には、
他の権力階級の構成員も含まれる点が挙げられます。
裁判官と政治家や、
官僚と新聞社社員は兼務することができませんが、
政治家も新聞社社員も、
匿名という条件下においては
第五権力に所属しています。

政治家や新聞社社員が匿名で
ネット世論に参加、扇動しようとしても、
「日本死ね」のように、
容易に暴かれてしまうのも
またネット時代の特徴と言えるでしょう。
産経の記事が言うように、
第四権力には自浄能力がなく、
少なくとも自由社会の第五権力には自浄能力がある。

ある意味、
誰もが「大衆」として参加できるのが第五権力ですが、
「大衆」は熱しやすく、冷めやすく、
そして移ろいやすいもの。
また、第四権力というリーダーを失った大衆は
統制の取りづらい集団ですが、
大衆自身の判断力や発想力を維持向上させ続けば、
きっとより良い方向に収斂していくことでしょう。

「第五権力」でググってみたところ、
さすがはグーグルのシュミット会長が本を書いてました。


第五の権力—Googleには見えている未来

さすがはグーグル先生の先生。
どうせなら原書で読んでみたいと思ったので
さらにググって見たところ、、


The New Digital Age: Reshaping the Future of People, Nations and Business

全然「第五権力」じゃないじゃん(笑)
これがネーミング力、ライティング力か。
素晴らしい。
僕もまだまだ学ばねば。

そしていつか読もうと思ってカートに入れっぱなしになり、
そのうち「後で買う」にして、
そのまま読まずに終わりそうな気がしますが、
とりあえずカートに入れときました。(笑)

20年後、
我々第五権力に支配される我々自身は、
一体どこに向かうのか。
第五権力をリードするのは何なのか。
想像するだけで面白いですね。
え、面白くない?!
性善説に基いて、
人類の叡智に期待することにします。

(つづく)


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •