Category Archives: INTERNATIONAL

日本国内でドイツ語の新聞を買う方法まとめ。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

SONY DSC

ビザインショップで個人のお客さんに商品を送る時などに、ドイツの空気感を伝えたいこともあって、ZACKから送られてきた、ドイツ語がプリントされた輸出用梱包やインナーカートン(化粧箱の外のダンボール)を、あればそのまま使うようにしています。でも中に入れる緩衝材は、国内で仕入れたプチプチを巻いたり、新聞紙やカートンの切れ端などを丸めて入れたりしていてるんですが、これを「ドイツの新聞紙とか使ったらもっとドイツっぽさ出せるんじゃ?!」と思い立って、ちょっと探してみました。

条件は
①ニュースが必要なわけじゃないので日にちはこだわらない(売れ残りの在庫でもOK)
②エロや公序良俗に反するページがないものであれば、種類や新聞名はこだわらない。
③包装や緩衝に使うので、手垢にまみれたような汚い古新聞はNG
④梱包資材としては、あまり値段が高いとNG

上の写真はフランクフルト中央駅の構内にある本屋さんの新聞棚なんですが、ドイツ国内の大きな駅では、日本の大手新聞は結構普通に売られていて、日本人のビジネスマンやツーリストも簡単に手に入るようになっています。日本でも英字新聞は普通にキオスクで売ってますから、そのノリでそれほど難しく考えていなかったわけですが、、、甘かった。結論から言うとほぼ不可能に近いことが分かってきました。ということで、今回はその顛末をまとめてみます。

まず「ドイツ語 新聞 購読」とかでググりますと、「知恵袋」的なページがいくつも出てきまして、みなさんご苦労されてるんだと思いますが、「購読」には勉強も含めて「読みたい」というニーズが含まれていることが多く、「図書館行けば?」とか、「ここのサイトで読めるよ?」みたいな回答が多かったりするんですが、今回は「入手」しなければならないので、その辺はスルーしていきますと、有用な情報はそう多くありませんでした。ということで、まずはネットで見かけた本屋さんに問い合わせメールを出してみました。

近藤書店
TEL : 03-3572-2172
こちらで取り扱いの「ドイツ語の新聞」は「年間購読契約のみ」で下記の通りとのこと。

1. FRANKFURTER ALLGEMEINE ZEITUNG
2. FRANKFURTER RUNDSCHAU
3. WELT’DIE              
4. SUDDEUTSCHE ZEITUNG        
5. NEUES DEUTSCHLAND         
6. HANDELSBLATT
¥391,650.-(年305回)
¥342,300.-(年305回)
¥291,900.-(年305回)
¥390,600.-(年301回)
¥231,100.-(年305回)
¥328,650.-(年253回)

おおう。。。orz ちょっと衝撃の価格です。リアルに桁を2度見してしまいました。(笑) これでは条件④をまったくもって満たしませんので、同様に「洋書に強い」とされる都内の本屋さんにも、同じように問い合わせしてみましたところ、、、がっくり。正直、「世界の丸善」には「世界中の書籍(や新聞)」があるものと、漠然と思っていたんですが、、、甘かった。

紀伊国屋書店
新宿本店7階洋書コーナー
TEL : 03-3354-0757
・中国語とフランス語の週刊紙はあるが、日刊紙は英字新聞のみ。
・輸入自体は自社でやっている
・ドイツ語のもやってくれるよう商品担当さんにお伝えください>無理。
本屋さんの店員さんというのは、基本的に優しくて親切なイメージあるんですが、紀伊国屋さんは会社としてお堅い印象でした。あ、これ余計な情報ですか。(笑)

丸善
※一番近かった新宿店は文具のみ。やはり丸の内の本店が一番商品点数が多いと言われたので、
丸の内本店洋書担当
TEL : 03-5288-8881
・取り扱いなし
但し、「ゲーテ書房さんというドイツの書籍専門にやられてる本屋さんがあるんですが、聞いてみましたか?」と紹介してもらい、電話番号まで教えてくれました。うーん、丸善やるな。

ゲーテ書房
TEL : 03-5771-6511
・取り扱いナシ
・輸入は代理店経由
・日刊紙の年間購読だったら可能
年間購読はやっぱり近藤書店さんと似たような価格設定になっているようで断念。残念。無念。。。代理店経由で仕入れているというので、その代理店さん紹介してもらえませんか?とお願いしてみたところ、「それはちょっと・・・」ということでNG。ドイツの新聞を輸入している元締めってのがいるんですね。うんうん。そこの倉庫に、売れ残った在庫とか転がってないのかなー;;
丸善さんが紹介するほどの本屋にないとすると、もう日本で1冊ずつ買うのは無理なのか?という考えがよぎりましたが、ここで諦めては突き抜けることはできません。はい、次。

ドイツ大使館
TEL : 03-5791-7700
電話口に受付の日本人職員さんが出られて、「日本でドイツ語の新聞買えるとこ、知りませんか?」と聞いてみたところ、「やー知りませんねえ」という感じ。夕方の閉店近くだったからかもしれませんが、それ以上調べてくれたりという雰囲気じゃありませんでした。ドイツ人外交官とか本国の新聞読んでないのかなあと思って、「大使館で読み終わった古新聞でもありませんか?」と食い下がってもみましたが、「たぶん無理ですねえ。」うーん。ロビーとかに置いてあるイメージだったんですが。ないのかな。
一度電話を切った後、広報文化部というページがあたので、ここに出ているドイツ人の責任者さんたちの誰かに、「日本でドイツ語の新聞を入手するの、こんなに大変なんですよ!もっと文化を広報しましょうよ!」って話しようと思ってかけ直してみたところ、、、5時きっかりに誰も電話でなくなりました。(笑)
まー、そういう人生もいいものかもしれませんね(’ ’

次に、自分が英字新聞を買うとしたら、まずここだろうという各電鉄のキオスク系も調べてみました。

株式会社JR東日本リテールネット(JRのキオスク)
商品部新聞担当
TEL : 03-5324-6854
何度か電話しても離席中。最後と思って要件を伝え、折り返しお願いしたら「今ちょうど戻ってきました」みたいな。(笑)
まー、面倒な電話は出ないに限ると世間の相場は決まってます。
ちなみにJRはこれ面白いですよ。国鉄の時代にキオスクを運営していたのは国鉄ではなく「鉄道弘済会」であり、民営化でキオスクがJRに移管された後も、新聞・雑誌だけは弘済会経由で入ってるとのこと。鉄道弘済会なんて初めてきいた団体ですが、wikipediaによると従業員1000人を超える大企業です。この人たちを食わして行かなければなりませんねー。

鉄道弘済会
新聞雑誌部
TEL : 03-5276-0431
新聞は外国紙であっても、国内の新聞社から入れているとのこと。ちょっと要領を得ない感じでしたが、とりあえずやってないらしいです。

京王リテールサービス株式会社(京王電鉄の売店)
商品部新聞担当
TEL : 03-5365-1211
「取り扱いナシ」

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)
事業開発部
商業店舗担当
TEL : 0120-104106(代表)
#9>その他のお問い合わせ>お客様担当
「外国紙は英字新聞のみ。」
なぜか、かたくなに事業開発部の直通の電話番号は教えてもらえませんでした。うーん、未知なるフロンティアが、ここに。

 近所の新聞販売店にも聞いてみました。

朝日新聞
・フランス語、中国語はやってるがドイツ語はなし。

読売新聞
・外国紙は英字新聞だけ。

日経新聞
・外国紙は英字新聞だけ。

国際公用語だけあって、フランス語は強いですね。でもまー考えてみれば、イギリスで生まれた赤ちゃんのニュースが、地球の隅々まで瞬時に伝わるこのご時世。3日遅れで届く紙のニュースメディアなんて、もう情報媒体としては存在価値すらないのかもしれません。誰も読まなくなれば、1冊辺りの運賃も高くなるに決まっています。年間購読も昔はもっと安かったのかな。分かりませんが。

ソファでゴロリとしたまま、iPadで見れば全て済んでしまうわけで、情報革命ってやっぱりすごいことだったんだな、と感慨にふけりつつ、その国の新聞紙って、もう「印刷物」として、空気や文化を味わう嗜好品のような存在になってしまうんだな、なんて気が付いてしまいました。メールに対する葉書のような、タバコに対する葉巻のような。プチプチに対する外字新聞紙みたいな。英字新聞じゃダメなんですよね。ウムラウトが付いてないと。(笑)

うちに限らず、ドイツの雑貨や食品とか?専門でやられてるとこなんて、ドイツ語の新聞紙ご入り用じゃないですかね。「誰もやってないから、きっとできないんだよ(儲からないんだよ)」というのは伸びない人間の発想です。「誰もやってないからやってみる」こうじゃなくちゃ。
結局、今のところ日本では、年間購読以外に買えるというお店はなし。それにしても、中国に抜かれたとは言え、世界3位の経済大国の、世界屈指のメガロポリスTOKYOで、欧州の大国ドイツの新聞1つ買えないとは。日本は日本語の素晴らしさを享受している反面、外国言語の直接摂取に対して鈍感というか、社会が非常に脆弱です。英語にしてもそうですが。

現在、ドイツ在住の先輩に「古新聞でいいから集めて送ってください!」とお願いしているところ。なにやらマンションの新聞受けのところにゴミ箱があって、読まれなかった新聞がたくさん詰まっているという光景は日本と同じらしいんですが、あっちのゴミがこっちのお宝になるなんて。「価値の移転」は殷の昔から商いの醍醐味ですね。※「殷」の国号は別名「商」とも呼ばれていて、「商い」とは「商の国の人たちが物の売り買いに長けていた」ことから生まれた言葉と言われています。
あとは運賃。紙って束になると重くって、ほんと輸送に向いてない素材なんですよね。以前ドイツから国際郵便でみかん箱送った時は確か30-40ユーロくらいだったような気がしたんですが、レシートが残っていませんでした。果たしていくらかかることやら。。。

どなたか、日本でドイツ語の新聞買える(もらえる)ようなとこ、知りませんか?!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

尖閣購入にまつわるエトセトラ。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コトの経過がちょっと意味不明過ぎて、僕らのような一般庶民にはさっぱり理解不能だったと思います、例の尖閣の国有化。国内的には落着かと思ったら案の定、中国サイドが盛り上げてきました。中国政府が国民の不満をそらすために「反日」を利用していることなんて、もうあまりにも当たり前のことなのに、それに燃料を投下してしまうという愚かさや。
この手のガス抜きデモが即、日中開戦に至るとは思いませんが、実際にケガなどされた方も出てきているようです。中国在住の方などは気を付けようもないかもしれませんが、気をつけてくださいませ。21世紀とはいえ、他国の大使への襲撃犯を放置する国。日本人が120年間慣れ親しんできた、欧米由来の国際常識は、東アジアではまだ期待できないようです。

最近の日中関係の動きに係る注意喚起(上海日本国総領事館)
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/life/new120913-j.html

民主党に政権が渡って早3年、 この間日本国民にとっていいこと1つもありませんでしたね。国民誰もが予想した通り、「近いうち解散」は野田首相に華麗にスルーされ、予想できていなかったのは野党第一党の党首ばかりなりという体たらく。正直@1年はしんどい。日本がもちません。
どこから切っても、尖閣はまず以って東京都が購入するべきでした。筋道から言っても、10万件14億円という募金規模から言っても、国際的な影響から言っても、です。尖閣は広大な海域を含む国境の島々。単なる不動産取引と同列で論じるわけにはいかない。
もちろん法的に優先されるべきは、所有者である栗原氏の意向だけですが、ポリシーがあって「国に売る」と決めたのであれば、石原氏と交渉していた価格、または募金額と同等額で譲渡すべきだったと思います。結果的に「高く売った」では、「金目当て」の誹りを免れません。埼玉の相当な大地主らしいので、国に「寄付」したっていいくらいだと思いますけどね。たかだか20億で「国士」になれるチャンスを捨てたようなもの。

もし、最終的でないにしろ、一旦は東京都が購入していれば、中国に対して「石原のアホが勝手にやりおった。まあまあ。こちらでなんとかしますから。」という手があった。スケープゴートを作るなんてことは、国際政治ならぬ政治力学の基本。ある意味「方便」なので「潔い」感じはしませんが、リスクマネジメントの視点で考えれば非常に有効です。コミュニストの系譜に連なる民主党であれば、なおさらその使い手、名手でなくてはおかしい。
実際、中国はこれをやっています。「官制デモ」 なんて言われますが、この反日デモも裏で政府が焚き付けてるとか。でも中国政府はそうはいいませんね。「国民が勝手にやっている。」と。すると「国民にやめさせる」というのは、中国の1つのカードになります。反対に、もし東京都が購入していれば、「石原にきっと言い聞かせるから。港は作らせない。」というのは、日本のカードになったはずでした。さらに「国有化するぞ」というのも、もう1枚のカードになりえました。
反対にこれができていないのが韓国です。いきなり大統領自らやってもーた。(笑) 既に実効支配している島でアレをやるというのは、どうにも韓国の反日というのは中国に比べると底が浅く感じられますな。

この手の「スケープゴート」なんていうのは、われわれ企業人にとっては実は当たり前のことで、例えば商談の場などでも、普通はいきなり社長や事業部長と言った決裁権者は出しませんよね。決裁権者が同席した上で決した内容は、最終決定になってしまうからです。まずは担当者や課長くらいを出して、「この件は持ち帰って~」とやるわけです。
一方で「トップ商談」の持つ即効性や、「トップの宣言」が持つインパクトもよく知っています。「どのレイヤーでなにをするか」。互いに競い合う縦割り組織でこの手のマネジメントをするのがトップの仕事。つまり、やっぱりここでも民主党が、野田氏が至らなかったという他ありません。
なにしろ野田氏は直前に石原氏とサシで会談しているわけですから、「石原さん、とりあえずここは東京で買っておいてください。政府としては遺憾の意くらい出しときますが、中国はしばらくの間それでこちらで抑えておきます。」くらい、腹の割った話をしてくるのが政治家というものでしょう。一体、政経塾でなにを学んできたのかと。

さて、ここから日本はどうしましょう。そもそも日本は食料からエネルギーまで貿易で成り立っている国。言うまでもなく「平和」が一番儲かる。今は東北の復興や、来るべく東南海の大地震にも備えなくてはなりません。今までやられっぱなしだった「国際社会へのPR」は当然ながら拡充していくとして、(韓国はまだしも)中国とは「うまくやる」べきだと思います。うまくやるというのは「媚びへつらう」ということではもちろんなくて、文字通り「うまくやる」ことです。
対立するところは対立するにしても、まずトップがコミュニケーションを取って、深めていく。小泉氏が平壌に電撃訪問して、一気に拉致問題を進めたのも、安倍氏が前回首相の時に、第一に北京を訪問しつつ、内々では防衛省の格上げなどすんなりやってのけたのも、そうです。トップ商談は即効性とインパクトがあるんです。レームダックの野田氏じゃ門前払いになるでしょうが、次なる首相には是非、北京に乗り込んで、積極的且つ主体的な日本外交を再開してほしいですね。

一方で、中国の民衆との対話も深めていかなくてはいけません。国対国、国対民、民対民。いろんなレイヤーで交流を深めていくことが、平和のカギです。もっと言えば、共産党政権も未来永劫というわけではない。中国の次世代リーダーを日本が育てるくらいの深謀遠慮があって然るべきです。 なぜって今まで日本はそうしてきた。
日露戦争の裏手で明石大佐がレーニンとそのボルシェビキを支援してソビエト革命に導いたのも、孫文や蒋介石の留学を受け入れて教育し、辛亥革命を支援したのも、当時の日本の先人たちが広く極東全体を俯瞰するような、極めて高い次元の視点を持ったればこそ。自前の情報機関がないならないで、同盟国アメリカの力を借りるとか、特に中国の反日デモ以上にイスラム社会が沸騰してきているこの週末。ウイグルやチベットになんらかのコンタクトを取っているのかいないのか。今の政治家にそれほどの人物はいませんなあ。安倍ちゃんならやってくれるのか、どうなのか。(笑)

とりあえず僕ら一般の国民はあれですよ。一緒になってカッカしたっていいことありません。短気は損気。金持ち喧嘩せず。世界平和は日本の儲け。僕は「○○デモ」とかいうのにネガティブです。観客席でワーワー言ったって始まりませんもんね。特に30代、40代の僕らはここから20年、30年と日本を担っていく世代です。しっかり勉強して、準備して、明るい日本の未来を築こうではありませんか。
日中が協同してユダヤ資本と対峙していかなくてはならないという話もあります。日本がドル建てで持っている米国債は目減りする一方です。かー、戦後はまだまだ終わっていませんな。ともあれチャイナ(シナとは言いません)は偉大な大陸。ここは割り切って、仲良く上海ガニでも食べにいこ~。なんつって。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

中国資本が日本の水資源含む山林を買収しているとか。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

最近よく耳にしますね。
「中国人が山奥まできて山林を買い漁ってる」とか、
「山はいらないから水源だけ売ってくれと言われた」とか。

いつの時代にも売上(視聴率?部数?)欲しさに、
ナショナリズムを煽るだけの低俗なメディアというのはいるわけですが、
戦前の大新聞様とかね。
でも、良識ある市井の人々がリアルで煽られてしまうのはうまくないのです。

ビジネスの世界では「所有から使用へ」なんて、
もう何年も10何年も前から言われてきたことですが、
こと「山林」や「水資源」は国民の精神衛生上、
「所有」してないといかんというのでしょうか。

つい最近も尖閣問題に起因してか、中国からのレアメタルを止められて、
業界がヒーヒー言わされたばかりです。
まだ解決はしていないようですが。
両方同じことですよね?
「水はやらんが、レアメタルはよこせ」とでも言うのでしょうか。

中国のここから先の発展は水不足がネックになることは、ほぼ確実だそうですが、
その資源を日本が握れるとしたら、これほど平時における有効なカードはないでしょう?
まあ、事態はまだそこまで全然行ってないんだと思いますが。実際のところ。
飲料水なんて、レアメタル以上に代替の効かない資源です。
仮に、中国資本が山林や水源を、書類上「所有」してようが、
いざとなったら「輸出差し止め」する手段なんか、いくらでもあるはずです。

ワイドショウのディレクターは、煽って視聴率が伸びればそれで良いのでしょうが、
なんで政治家やコメンテーターの先生方からは、そういう話は出ないんでしょうかね。
こっそりそれを狙ってるから?
いやいや、政権与党は内部抗争に明け暮れてて、それどころじゃないんだと思います。

もちろん、中国とは地域大国の隣国同士、
平時にお互いが必要とする、レアメタルと飲料水でがっぷり四つに組んでいて、
有事を引き起こさないよう努力することが、なにより大切なことです。
でもいざ有事となった場合、レアメタルと水では、どちらが困るのかは自明ですよね。

何年か前に、「対馬が韓国人に買い占められてしまう」という話題が、
某巨大掲示板を中心に盛り上がった時があったんですが、
5-6年前かな。
実際に対馬に行ってみると、もう韓国人だろうが来てくれるだけマシ!
って状況なんです、経済的に。

異論もありましたよ。
「韓国人は韓国人の宿や飲み屋にしか入らないから、地元にお金が落ちない」とか、
「町を汚す」とかね。
でも、それじゃあ韓国人の宿も飲み屋もない状態の方がよかったのかと。
その家賃なり、売ったなら土地代とかは地元に落ちてるはずですし、
税金?はまあ、外国人は超節税してるでしょうから、地元には落ちないかもしれないですが(笑)
地元の人たちだって、おいしい本場の韓国料理を楽しめると思えば。

対馬ってなに県だか知ってますか?
長崎県なんです。
でも長崎県の人ですら、対馬に行ったことないって人がいっぱいいる。
自分は行かないけど、韓国人行くなっていうのは、
ちょっと子供じみていると思います。

もちろん、自衛隊の基地が監視できてしまう高台をまるごと買われてるとか、
そういう話は別ですよ。
それは外国人による不動産所有とはまったく異なる次元の、テクニカルな国防の話です。
そもそも基地が監視できてしまうような土地を、
一般民間人が所有できてしまうところがおかしい。

今回の山林の話も同じ理屈だと思うんです。
日本人ですら捨てた村や山を外国人がお金出して「所有」してくれる。
お金に困った(?)売主さんからしてみれば、おいしい話じゃないですか。
銀座の有名百貨店だって、秋葉原の電器屋さんだって、
中国人観光客を三顧の礼で迎えてるっていうのに、
山とか土地だとダメっていうのは、なぜなんでしょうね。

国宝級の文化財とかが根こそぎ買い漁られて、あっちに持って帰られるというなら、
それはさすがに心情的な「奪われる」感もあるのかもしれませんが、
不動産は登記上の所有者が変わるだけで、そこには永遠に「日本の田舎」があるわけです。

あの天下の三菱地所だって、ロックフェラーセンターでは1000億の損失を出して撤退しました。
バブルマネーで外国の不動産を回すのは、きっと本当に困難なビジネスなのでしょう。
ここは1つ、逆手にとって、いかにこのカードを利用するか、考えてみて欲しいものですね。
先生方にも。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •