Category Archives: NEWS

1点の重み。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

久しぶりに秩父宮に行ってきました。

後半22分に1点差で勝ち越しを許した時点では、まだグラウンドにもスタンドにも楽観的な空気がありましたが、「この1点が残り5分くらいになると絶対大きくなるんだよね」と話してました。そして残り5分、1分、ノーサイド。21-20。我が母校、明治大学は21年ぶりの全国制覇を1点差で落としてしまいました。
「落とした」というのは、この試合は取れる試合だったから。本当に後半15分までは20-7と点差の上でも圧倒していて、見ていて穴という穴もありそうにありませんでした。ところが後半15分、20分と2本トライを取られて、そこからの巻き返しができなかった。キッカー堀米君の不調も大きい。コンバージョンキック1本決めていれば、逆に1点差で勝ってたわけです。

「とは言え19年ぶりの準優勝は素晴らしい。20年の雌伏の時を超え、明大OBたちも久しぶりに盛り上がった。よくがんばった。」というのは簡単です。「2位じゃダメなんですか?」。ダメなんです。2位でも立派といい出すと、3位でも8位でも立派になって、延いては「参加することに意義がある」という話になってしまいます。敷居は下げだすと際限がありません。
今年新設という大学であればそれもいいでしょう。でも創部96年の明治は違う。メイジは優勝しなければならない。3年生以下諸君には「V9の帝京に1点差まで詰め寄った」のではなく、「1点差で落とした」と捉えてほしい。とは言え4年生諸君。準優勝は素晴らしい。よくがんばってくれました。笑

なぜおっさんがそんなことを言うかと言うと、おっさんの在学中は学生選手権を準決勝(永友組)ー優勝(元木組)-準優勝(南條組)ー優勝(信野組)とあまり負け試合を見たことがないというほどの、後に明大ラグビー部の第2の黄金期と呼ばれた時代の後半期。卒業して社会人1年目の時が、北島監督がなくなって紫紺に喪章を付けたあの松本組。そう、19年前の最後の優勝チームです。
「学生時代」と言うのは、社会人の人格形成において多大な影響を与える大切な時期。その大切な時期に、明ラグの黄金期が重なったのは、おっさんの学生時代を彩り、おっさんの人格形成に多大な良い影響を与えてくれたと思うからです。やはり今でも心の何処かで、あの類稀な体格と才能に恵まれた元木が、血の滲むような練習と激しいタックルで相手をなぎ倒し、前へ、前へ、と縦に突進し、優勝をもぎ取った姿を「当たり前」と思っているところがある。続く後輩たちもモチベーションを維持して気を引き締めた。この敷居は相当に高い。

連覇という偉業を遂げられるチームは、勝って尚、兜の緒をしっかりと締められるチームです。そう、今の帝京のように。おっと、「レンパしなくちゃいけないんですか?」なんてバカなことは言わんでくださいよ。優勝したら連覇を目指すのは大前提です。そういう人は勝手にレンパイしといてください。笑
学生本人にしてみれば、在学中に一度でも優勝できたら、それはそれでもう素晴らしい成果、思い出となることでしょう。でもチームは違う。4年生の血の滲むような努力を知らない新入生が、毎年「強豪校」だと思って入ってくる。ここが学生スポーツの難しいところですよね。毎年同じメンバーで戦えるプロや社会人のマインド・マネジメントなんて甘っちょろいもんだと思えるほどです。それほど帝京の9連覇は凄まじい。長い間伝説中の伝説として君臨した同志社・平尾組のV3も、単なる通過点として霞んでしまいました。

そんな学生スポーツの頂点で、漸く20年ぶりに勝ち上がってきたチームが、後半20分まで(ラグビーは40分ハーフです)試合を支配していて、コンバージョンキック(トライの後に与えられる2点相当のキックです)1本外したがために、1点差で敗れてしまった。入れていれば1点差で優勝していた。一方、怒涛の8連覇を成し遂げてきたチームは、後半20分まで相手にリードされながらも決してあきらめず、魂のこもったタックルで敵の追加点を阻止し、トライを取った。コンバージョンキックもしっかり決めて、わずか1点差で、前人未到の9連覇という偉業を成し遂げることができた。
勘の良い方はお気づきでしょう。そう、これ、人生も商売も一緒だと思うんですよね。こうして1点が明暗を分けるシーンというのは多々あります。たった1点で優勝できることもあれば、その1点で敗れることもある。

人生を40分ハーフの試合と捉えれば、今の僕らはちょうど後半折り返したばかりというところ。わずか1点で敗れた後輩たちの姿を見て、ここから気合を入れ直して、仲間とがっちり組んで、時にモールを押し込み、時にラックを連取して、前へ、前へ、と人生のトライを重ねていこうと決意を新たにしました。一方、商売には終りがありません。毎日が選手権の決勝、毎日が後半35分と思って、1点で落とすことのないよう、1点で勝てるよう、商売のコンバージョンキックを着実に決めていきたいと思います。笑
試合後はちんたらと新宿まで歩いて、気の置けない仲間たちとささやかな準優勝の祝杯をあげました。これも学生ラグビーのいいところ。写真中央は8000円もした「めいじろう」。旗が売り切れてたので大人買いしてしまいましたが、3トライも取ってくれたので十分元は取れました。笑 皆それぞれ人生のハーフタイムを折り返し、後半を迎えたところ。酒を交わしつつ、過ぎし日の前半戦を振り返ったりしました。いやはや、正月早々いい試合を見せてもらいました。(o^^o)

おしまい。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

旧縁、新縁。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後半に入ってすっかり更新のペースが間延びしてしまいました。来年はもう少しだけ、ちゃんと書きたいと思ってます。が、アフィで食べてるプロブロガーというわけでもないのでモチベーションが、、、ね。どうしても後回しになってしまいがちです。
当初は僕の個人ブログということで、なんでもかんでも書きたいことを書けばいい、くらいに思っていたんですが、考えてみるとこの後之先は、ビザインという会社を経営する人のブログ、という位置づけをもっとはっきりさせて、絞り込んだ方がいいのかな、なんて。

実は今まで、匿名でいくつかブログを書いていたことがあります。匿名はどうでもいいっちゃなんなんですが、ある程度責任感や利害関係から解放されるところがあるので、それこそ書きたいように書けるわけですが、実名ともなるとその両者共に、重くのしかかってきます。
後之先は、特に売上のために書いてるというわけではないんですが、書いたことによって商売に悪影響が出るようでは本末転倒です。セルフブランディングではありませんが、素晴らしい経営者という虚像(笑)を構築できたらなと。って書いたら意味ないですね。でもまーそんなところ。

実は2013年は、僕にとって非常に大きなターニングポイントの1つになった、と後年振り返ってそう思えるような吉兆をいくつか感じた年になりました。つまり今年は特に変化なし(笑) でも予感がするんです。2013年でポツポツとなにかが咲き始めたような。。。
ZACKも今年は、今までよりもかなりいいペースで伸びてきました。雑貨は火がつけばかなり足が速いので、なんとかそろそろブレイクしてほしいところではありますが、力技でブレイクさせる資金力もないし、そういう時代でもないと思うので、来年も地道に一人ひとり、ファンを増やしていければな、と思っています。

 今年一番大きかった出来事は、なんと言っても20数年ぶりに中学校の同窓会をやったこと。ここ数年、持ち上がっては消えていた話が、流れでお鉢が回ってきて、雑用係をやらせてもらいました。約300人の同級生のうち、出席者100、欠席者100、連絡がつかなかった人100でざっくり1/3ずつという内訳。
自分では、比較的地元の友人たちとの付き合いが続いてる方だと思ってたんですが、こうして同級生全体を見まわしてみると、毎年会ってるようなのはほんの数名で、今回、新たに100人の旧友と再会できたのは、今後の僕の人生にとって、本当に大きな財産となりました。

「旧縁」というのは不思議なもので、20年ぶりに会っても、おっす^^ですぐ当時の関係に戻れてしまう。中学まで遡らなくても、昔一緒に悪さした遊び仲間や、麻雀ばかりしていた大学のクラスメイト、いつも一緒に残業メシを食ってた職場の同僚。人生のある一時期、例えどんな些細なことでも、共に濃密な時間を共有した仲間というは全部そういうものなのかもしれません。
僕は「縁」に対しては結構運命論者なところがあって、やはり「出会うべくして出会った」というようなものをとても感じます。そいつらに出会うためにその中学校に入ったわけでも、あいつらに出会うためにあの会社に入ったわけでもない。入ったら偶然、そこにみんながいたわけですから。きっと、神様が引き合わせてくれたのでしょう。

もちろん「旧縁」の持つ居心地の良さに安住して、そこに固執したり埋没してしまったりするような、アクティブではない、受け身の人生もつまらない。袖擦り合うだけでも、一期一会、大切にしていきたいし、新しい縁はどんどん結んでいきたい。そこで得た新縁のうちのいくつかは、やがてまた旧縁となって自分を支えてくれる。
これはきっと商売や事業にとっても同じことで、例えばタオルフック1つ、傘立て1個でも、世の中に星の数ほどある商品の中からZACKを選んでもらい、たくさんのお店の中からビザインショップに来てもらって、最終的に買っていただけた。これはもう「袖擦り理論」がピッタリ当てはまります。(笑)

もちろんこちらとしても、なるべく多くの人目に触れるよう広告を打ったり、SEOしたり、訪問してもらえたら、サイズや質感などが出来るだけ分かりやすいように説明書きしたり、いろんなアングルで写真を撮ってみたり、というできる努力はするわけですが、ひょっとしたら買おうと思ったら隣りで子供が泣いてやめたとか、もっと安いのがあったけど、1㎝合わなくてZACKにしたとか、やはり最後の1クリックというのは、タイミングやら気分やら、ロジカルに行かない部分が多分にあると思うのです。
だから、仕事としてロジカルな部分は最大限努力するのは当然として、最後はやっぱり、ご縁を大切にする気持ちとか、そういう心がとても大切になってくるんじゃないかと感じています。

来年は、ZACKとしても、ビザインとしても、佐藤祐太としても、2014年、ここで漸く飛躍を遂げたんだよねと、後から思えるように、2013年のあれはやっぱり吉兆だったよねと思えるように、仕事にプライベートに、新旧のご縁を大切にしながら、いっちょがんばりたいと思う次第です。
ビザインのお客さまも、友達のみんなも、日本中、いや世界中のみなさんが、平和で楽しく、安らかな良いお年を迎えられますように。

来年もみんな、よろしくねー!\(^o^)/

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ホームページリニューアルのご案内

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

  この度、ビザイン株式会社の企業サイトをリニューアルいたしました。フルフラッシュで制作した従来のサイトよりも、CMSを使うことで、ビジターの皆様の利便性も向上させ、且つ今まで以上に情報をスピーディーにお届けできるようになりました。

更新情報もRSSやFacebookの会社ページなどを通じてご案内していきますので、ぜひフォロー頂ければ幸いです。今後ともビザイン株式会社ホームページを、よろしくお願いいたします。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •