Category Archives: MANAGEMENT

リモワ(リモートワーク)について

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ビザインでは創業時、私が一人で始めた当初から今に至るまで、基本的にリモートワーク(以下、「リモワ」とス。)でやってきました。現在も商品撮影や商談などあればショウルームでやりますが、基本的に「必要がなければ来なくていい」というスタイルです。
今、コロナ禍に際してリモワを始めた事業者さんも多いと思いますが、曲がりなりにも10年ちょっとリモワをやってきた者として、参考になるかどうかは分かりませんが、思うところを書き連ねてみます。

【新メンバーの合流が至難】
まずなによりも書いておきたいことは、新人さんの扱いについてです。最近リモワを始めた会社なら、「ああ、リモワも意外とイケるじゃん」と感じているかもしれません。なぜなら今まで何年も同じ釜の飯を食ってきた仲間と、お互い自宅でやりとりしているだけだからです。ところがここに得体の知れない新規メンバーを合流させようとなると、これが至難の業になります。
信頼関係がない、人間性が分からないなどという基本的な問題のさらに以前に、業務の引き継ぎやOJTが非常に困難です。例えば前職で「楽天に出店しているEC企業で受注処理していました」という人に、うちの楽天店の受注処理をしてもらうような、社外共通スキルを持っているようなケースであれば引き継ぎの情報量もそれほど多くはないでしょうから、それほど敷居は高くないかもしれません。しかしそんなドンピシャな人はそうそういるものではありませんからSKYPEやZOOMで細かな実務、システム、社内慣行、運営方針などを1つずつ教えていくのは、不可能ではないですが、本当に時間と手間がかかります。なので弊社では入社して始めの1か月くらいは私の隣に座ってもらって、やって見せて、OJTしてリモワをテイクオフさせてきました。これはこれから難しくなるかもしれませんね。

【リモワこそコミュニケーションの質と量が重要】
リモワにおいて、通常のコミュニケーションはLINEやメールなどのテキストで行われることが多くなると思いますが、同じ室内にいれば伝わる顔色や雰囲気などが全くないため、伝達できる情報量がものすごく細ります。会社を辞める一番の理由は「人間関係」だったりしますが、効率的な業務を行うため、余計な摩擦を起こさないためには円滑な人間関係が非常に非常に重要です。なので、ちょっとややこしい内容かなと思ったら、すぐに気軽に電話なりLINEなどの音声通話をかけられる人間関係は必須です。
コミュ障な人ほど、「リモワは人に会わないで済むから気が楽だろう」と思うかもしれませんが、「仕事を進める」、「メンバーとうまくやる」、「会社を辞めない、辞めさせない」ためにはリモワこそコミュニケーションの質と量が重要になります。言い方を変えれば、「コミュ障には務まらないのがリモワ」とも言えます。そのために、弊社では事あるごとに飲みの席を設けるなど、なるべく会う機会を作ってきました。これも今後は難しくなってくるでしょうね。

【100%アウトプットの質と量で判断するしかない】
リモワでは、基本的に出勤体制において「サボり」とされる行為が簡単に出来てしまいます。昼寝する、漫画読む、テレビ見る、ETC.。Facebookのタイムラインにもパソコンの隣りでテレビを付けていたり、外出したり、初めての自宅勤務を堪能してるなwという時折投稿を見かけますが、まあそうなるだろうなとは思います。もちろんオフィスにいるとの全く同じ態度で仕事に臨める人も1割2割はいるかもしれませんが、私を含めて自分を律することのできる人間などそういるものではありません。なので、リモワはそういう勤務態度も取り得ることを前提に業務を設計しなければなりません。
弊社は私以外は全員が「子持ち主婦」なので、「急に子供が帰ってきて、お母さん腹減ったー!」とか「急に雨が降ってきたから洗濯物を取り込まなきゃ」とか、「そういうのはしていいからね」ということにしています。ただ、タイムカードが15分刻みなので、15分を超えるような私用ならタイムカードは一旦切ること、としてますが、本当はそれすらしてるかどうか、こちらには分かりようもありません。がんばっていようと、サボっていようと、物理的に分かりようがないのです。分からないことを「信じる」のは合理的な態度とは言えませんから、なにで判断するかというと、その人のアウトプットで測るよりほかないわけです。

「今日はこれとこれやろうね」、「今週中にこれお願いね」というような、こちらの期待する個人個人のタスクがどれくらいの品質でどれくらいこなせているか。やれていれば「やってるな」となりますし、やれてなければ「やれてないな」とするしかありません。「やれてない」のは能力がないか、サボっているかのどちらかになるわけですが、「能力がない」中には「適正がない」というケースもあるでしょうから、違う業務をやらせてみて、どれをやらせてもダメなら「本当に能力がない」か「サボっている」と判断するしか、ありませんよね。
これはお国の政策とも関連しますが、安倍政権の目指す「解雇しやすい制度」はリモワの普及とセットになると思います。リモワの場合、サボる人材のアウトプットの最低値は出勤スタイルのそれよりも、圧倒的に下がります。そのためサボりがちで且つ能無しというような、どうしようもないタイプの人間をいつまでも抱えていると、会社にとって致命傷になりかねません。ダメならクビ、ダメなら減給、やれてれば昇給。給与体系や雇用の安定性もとても柔軟なものになっていくでしょう。
考えてみれば、リモワは外回りで直行直帰の営業スタイルと似ています。営業は「数字が全て」のようにアウトプットで評価がされますよね。内勤だった業務もそれと同じになるというだけのことなのかもしれません。

【コミュニケーションへのレスポンス(の速さ)】
同じ室内にいれば「ちょっとトイレに行ってきます」と言わなくとも周りの人には分かりますし、「ちょっと郵便局に行ってきます」ならおそらく誰かに言って出てきますよね。リモワはこれがないので、LINEやメールなどのレスポンスが悪い、電話になかなか出ない、ようなのが続くと、これまた「サボってんじゃないか」という疑念を生みます。なので「呼んだらすぐ返事」というルールは必須です。電話や別の仕事で取り込んでいるなら「5分待って」でもいいので、とりあえず返事はする。返事がなければ解雇。サボってる以外に「5分待って」が打てない理由はなかなか思いつきませんから。これは大前提としてルール化して良いと思います。

【素性の全く知れない人とのリモワは難しい(不可能)】
結論になりますが、弊社はこれまで全て縁故で採用しています。仕事ができるできない、サボるサボらないの前に、個人情報や社外秘の情報を含むパソコン1台まるごと預けるわけですから、前提条件としてある程度、誰かが保証できるレベルの人物しか怖くて雇えないという現実が1つ。
最初からサボるかどうかを疑わなければならないのは本来不要な手間(コスト)がかかりますから、「ああ、この子なら例え見られてなくてもしっかりやってくれるに違いない」と信頼できるところからスタートできる人物しか声をかけない、というのが1つ。
疑念や不満が生じた時、それを溜め込んでしまうとお互いに解雇か退職かというところまで行ってしまいますので、その手前の段階で、いつでもざっくばらんにそれを伝え合える人間関係が(私と)あるかどうか。

ネットで見聞きするところによると、カメラを回しっぱなしでお互いに顔が見れる(監視できる)ようなリモワをやっている会社もあるようですが、どうなんでしょうね。女性は特にスッピンや自宅を見られたくないという気持ちも強いと思いますが、同じ空間で働いているかのような疑似環境を作って、実際には自宅だよ、というのも1つの解ではあるのかもしれません。
とりあえず今の段階ではカメラは切ってやってもらってますが、逆に言うと、カメラを回しっぱなしにしてずっと顔が見えていて、トイレも行かず、お菓子も食べすにがんばっているように見えても、アウトプットが低ければダメなわけですし、監視されていてもお構いなしにダラダラしていたとしても、アウトプットを期待値以上に出しているのであれば、それで良いわけです。要するにアウトプットですね。そういう意味で、リモワ時代は評価される側も、努力や潜在的な能力が評価されない、されにくい非常に非情なものになると思いますし、評価する側もアウトプットの期待値を正確に設定できるだけの業務に精通している必要が高まりますから、窓を背にして座ってるだけの上司の席はなくなっていくのでしょう。

アフターコロナの人間関係、信頼関係、果たして人類はうまくやっていけるのでしょうか。
モニター越しのオンライン飲み会?あれで新規の人間関係築けるようになっていくのでしょうか。
少なくともリモワに向いているタイプと向いてないタイプがいて、向いていないタイプが人生に迷うというようなシーンは出てきそうです。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

1st Decade

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

先日、ビザインを作って10期目を終えることができました。この10年、潰れないように潰れないようにとやってきた気もしますが、気がついたら10年経っていたという感じもします。
恥ずかしながら、上の写真は初めてZACKの展示会に代理店として参加した2008年のものですが、あの頃生まれた子供が今もう小学校3年か4年かと思うと、もうそれなりに前ですね。

会社を作ったばかりの頃、とある経営者の先輩に、「佐藤さん、カネは借りれる時に借りといた方がいいよ」なんて言われたのを真に受けて、区の創業支援制度の枠いっぱい借りたものが、もちろん初めは売上も大してないもんですから、あれよあれよという間に目減りして、その返済に長いこと苦しんだのは、今となっても苦しい思い出です。(笑)

このまま順調に売上や利益が増えていって、会社が大きくなっていけば、一見、それなりに安定感が増すようにも思うんですが、1000万円の会社に500万円の危機があるように、きっと1兆円の会社には5000億円くらいの危機があるんだろうなっていうことは、東芝やシャープなどの事例を見ても明らかです。

この10年。インテリア雑貨の業界でも、ZACKがらみで言えば、甞ては北欧ブームの火付け役ともなった秋葉原のヤマギワさんが閉店され、あのフランフランを擁するバルスさんが満を持して全国展開したバルス東京も閉店され、ビザインが代理店になる前からZACKを取り扱っていた商社さんは破産されました。社歴や看板、資金力や社員数なども、安心材料にはなりそうにありません。

実は昨年の9月に、ZACKでもベネルクス地域(ベルギー+オランダ+ルクセンブルグ)を長いこと統括していた代理店が潰れまして、結果的にはベネルクス地域はすぐドイツの隣りですから、ハンブルグ近郊のZACK本社から、地域の販売店に直接デリバリーをすることで事なきを得るどころか、ZACKとしては利益率が大きく改善するという「雨降って地固まる」案件があったのですが、そりゃもう一瞬ヒヤリとしました。「このままZACKも逝ったらどうしよう」と。

「一本足打法」は非常に経営効率が良い反面、非常に不安定です。例えば「太い客」1社捕まえれば、たいていの中小企業は十分食えるわけですが、そこに切られた瞬間に、企業生命も事切れてしまう。仕入先も同様です。ZACKで食えなくなった時の第2第3の柱を、ZACKで食えているうちに作っておかなければならない。

という状況の只中で、これまた実にセレンディピティな出会いがありました。スペインのバルセロナにあるANDREA HOUSEという会社で、非常に豊富で多彩、且つ、見事なまでにZACKとかぶらない、相互に補完し合うような商品ラインナップを持つブランドです。まだ公式サイトも出来上がっていないような段階ですが、フライングで少しご紹介を。

ZACKと同じくらいの大きなブースですが、商品数はZACKの5-6倍あります。

ZACKと同様にバスルームアイテムを得意としていますが、こちらは素材がスレートや大理石、セメントやガラスなど天然の石質素材が多く、同じくプラスチックで石質素材や木製を模したものなども作っています。ZACKとは全く異なるテイストなので、趣向の異なる客層にアピールできそうです。価格はZACKよりもやや低めと言った感じ。

この辺になると南欧、地中海の香りが少ししてきませんか?

ビザインとしては雑貨商としての商品バリエーションが相当広がります。既に契約関係も無事完了しまして、来週にも、サンプルの第一弾が到着予定です。早速いくつかの法人のお客様とも商談を始めさせていただいておりますが、まずはビザインショップでテスト販売開始です。ご期待下さい!第2の柱!

以上、よろしくお願い申し上げます。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ユニクロのあんパン。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ユニクロのあんパン01

先日、深夜の徘徊ならぬ早朝のジョギング(散歩ともいう)をしていたところ、駅前でなにやら人がちらほらと列をなしている。見上げればユニクロ。ふーん。通り過ぎようとしましたが、チラシを配っていたユニクロのお兄さんが「もうすぐあんパン配りますんで!」というので一瞬迷いましたが、「初日の早朝のみフリースとパンツが980円!」とな。とりあえず並んでみることにしましたw
上の画像はその時配られた「あんパン」ですが、裏に製造者「フジパン」とありました。焼きめのないフワフワとしたやわらかい白パンに、あんこと生クリームの入った生クリームあんパン。こりゃいわゆる「あんパン」ではありませんな。ゴージャスすぎる。

さすがに「あんパン」欲しさに、朝も早よから電車乗ってきて並ぶ人もいないと思いますが、やっぱりユニクロのあんパンは有名ですから、もらったらもらったで「おお、これが例のあんパンか」と誰もが一度は思うことでしょう。それくらい、ユニクロのセール初日の風物詩というか名物になっています。
このユニクロのあんパン。おそらくは配ってる店員さんも、もらう側のお客さんも「お客さんへのサービス」と捉えてるように思いますが、もちろんそういう意味合いもあるんでしょうけれど、僕はこれ、柳井さんはこれを社員に配らせることで、創業時の精神を伝えていく、社員教育の一環というか、社内統合を図るためにも、重視しておられるんじゃないかと思いました。

「初心忘るべからず」とか「初志貫徹」という言葉がある通り、初心というのは忘れられやすく、貫徹しづらいものです。どこの会社でも大きく成長すると、創業時の苦労を知らないホンワカ社員がマジョリティとなって、それが引いては会社としての驕りや慢心につながります。柳井さんもここのところ、ことあるごとに、社内の危機感を煽って、社員を引き締めるような発言を良くされているようですね。
「創業神話」、いわゆる「レジェンド」というものは、対外的にはブランドの説明に使われたりしますが、社内的には一体感を醸成して、ガバナンスを強化するのに役立ちます。

大きく成功した企業にとって、「創業神話」は対照的に、より惨めであったり、苦労の連続であったりする方がギャップが大きくてドラマティックというものです。おそらく柳井さんはこの「あんパン」を、アップルやヒューレット・パッカードの「栄光のガレージ」と同様、創業のシンボルとして捉えてるんじゃないかと妄想しますが、それにしては片手落ちだなと思うのはこのパッケージ。
1号店オープンの日、配ったのは「あんパン」と「牛乳」だったようですが、セールで配っていたのは専用パッケージの「生クリームあんパン」に「お茶」。「うちの会社、セールの日は特注であんパン作らせてるぜ」では逆効果というものでしょう。ちょっと柳井さんの本からその時の様子を引用してみます。

1984年(昭和59年)6月2日土曜日、朝6時。広島県中区袋町で「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」という名称のカジュアルウェア小売店をオープンした。梅雨空の合間で、朝から良く晴れていた。(中略) テレビやラジオでの宣伝、商店街や学校近郊での開店チラシ配りが功を奏して、早朝にもかかわらず、開店前からお客様の行列ができた。
時間を追うごとに行列は圧倒的な群衆にふくれあがり恐怖を感じるほどだった。店内に入っていただくのに整列と入場制限を何回もお願いすることになるほどの熱狂ぶりだった。この混雑は翌日の日曜日まで続いた。(中略) 初日に店内の混雑ぶりを地元のラジオ局が報道してくれ、ぼくはそのインタビューに対し「申し訳ないが、今から並んでいただいても入れないかもしれないので、来ないで欲しい」と、前代未聞の受け答えをすることになった。これが現在の「ユニクロ」の原点である。「一勝九敗」柳井正(2003)

 ものすごい大成功の滑り出しという感じで、あんパンというイメージではありませんが、どうせレジェンド化するなら、多少の演出はあってもいい。やはりここは、代々木の文明軒みたいな素朴な感じのあんパンと牛乳を、茶色の無地の紙袋に入れて配ったらいいと思うなあ。
一兆円企業になったからこそ、ここはやはり社員総出で、手作りな空気を作ったら良いと思うんですが、どうでしょうか。というか僕ならそうするなあ。それでも150年を超える歴史を持ちながら、いや長い歴史を持つが故に、既に創業神話を失ってしまった企業もある中、創業者がまだ存命で、現役で、積極的にレジェンドを保存しようとしている点は好感が持てます。

そもそも、会社に限らず、成功した人物や企業の下積み時代の苦労話というものは、後進にとって魅力的なストーリーに聞こえるものです。若気の至りや失敗談の1つも、面白おかしく語れない上司なんて、どこか薄っぺらくて面白味のない感じがするものです。よね?
スタートアップで巨額のマネタイズに成功したベンチャーが、特段金の使い道もなく、知名度も歴史もないが故に、人材確保の為と言いながら、都会のオシャンティな高層ビルに入ったりすることがありますが、あんなの金のムダとしか思えませんなあ。「オフィスがおしゃれだから」なんて理由で入ってくる新人さんと、一緒に夢が追えるものでしょうか。ベンチャーにはガレージや四畳半こそふさわしい。

そういう意味で、今は、将来ビザインが大いなる飛躍を遂げた時のための、苦労話や失敗談を日々こしらえている真っ只中にいるわけですが、3年でレギュラーになってゴールを決める日を夢見ながら、玉拾いと声出しばかりやらされている1年坊主のような日々は、そりゃ面白くもないことも多い。でも1年なくして3年はない。そして、下積み時代の苦労話こそが、後の美しき神田川の思い出となっていくものでしょう。
運良く1年生からレギュラーになったりすることもありますが、果たしてそれは運が良かったと言えるのかどうか。若くしてピークを迎えてしまうと、往々にして「カイエン欲しい」とかいう話になってしまいがちです。そういう慢心に陥らぬよう、ベンチャーは四畳半であんパンを食べることが重要だと思うのです。

あれ。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •