Category Archives: HISTORY

今日から令和。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

於経団連会館

になりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
26年ぶりの10連休が年末年始のお休みかのようで、
昨夜はさながら新年を待つ大晦日のような心持ちで
夜を明かしました。
「平成の大晦日」という感じで
夜を明かしたこともあってか、
今日はなんとなく「令和の元日」
のような気持ちでおりました。
とても清々しい。
東京は雨ですが。
令和は日本にとって良い時代になる気がします。
ビザインにとっても?

先帝陛下におかれましては、
「おつかれさまでした」というより他ありません。
先帝陛下も今年で御年85歳。
普通の「働くおじいちゃん」として見ても、
市井のおじいちゃんたちは一旦60歳で退職するわけで、
現役のまま85歳までやってこられたというだけでも
十分に「おつかれさま」であるわけですが、
天皇、国家元首、国民のスーパースターという、
普通なら10年くらいでヘトヘトになってしまいそうな重責を
55歳から85歳までの30年に渡って担ってこられた。
いやはや、本当におつかれさまでした。

今日からは上皇陛下、上皇様とお呼びするようですが、
上皇という名称があまりにも歴史的過ぎて、
まだしっくり来ませんね。
「上皇」自体は光格天皇以来202年ぶりということですが、
時は江戸。
国元には「お殿様」の大名がいて、
江戸には「上様」の将軍がいる。
多くの国民にとって天皇、上皇は
あまりにもかけ離れた存在であったに違いない。
そういう意味で、
これほどの権威や知名度持つ「上皇」という存在は、
やはり鎌倉時代の後鳥羽上皇や、
平安末、院政期の白河上皇、鳥羽上皇辺りまで遡る。
いやはや、感慨深いことです。

実は私、先帝陛下をお見かけしたことがあります。
上の写真ですが、日付は2008年10月11日。
前々職の蝶理(株)が「設立60年記念祝賀会」を大手町の
まだ建て直す前の経団連会館で開催した時のこと。
会が終わり、同席した先輩方と、
経団連会館の建物を出たのですが、
多くの出席者たちがぞろぞろと東京駅へ向かう中、
自宅が中央線下り方面だったからか、ふと、
「神田まで歩いて帰ろうか」と思いたち、
先輩たちと別れて、
一人反対方向に歩き始めました。
土曜日の昼下がりだったこともあってか、
辺りにはほとんど人気(ひとけ)がなく、
大都会のど真ん中にあって、
妙にシーンとしていたのを覚えています。

神田橋を渡ると、人気のない街中(まちなか)で、
先の方にお巡りさんが数名立っておりまして、
「おや?なにか事件でもあったのかな?」と思い、
ふと、来た道を振り返りますと、
黒塗りのセンチュリーが。
すすーっと。
陛下は後席で皇后様とご一緒で、
おそらくは「いつものように」沿道の国民たちに手を
お振りになるつもりだったのでしょうけれど、
あいにくその前後100メートルくらいは私だけ。
陛下は確かに”私に”(ここ重要)
手を振ってくださいました。(笑)

口さがない友人たちにこの話をすると必ず、
「自意識過剰w」とか、「夢でも見たんだろw」とか
茶化されるわけですが、
本当に周り俺しかいなかったもん。。。
と涙で袖を濡らしてきました。
が、あの時、陛下は確かに”私に”アイコンタクトを賜り、
おそらくは万世一系に通ずる、
神代(かみよ)の神通力をもって、
(ビザイン…がんばってね…!)
と、私めの脳内に直接語りかけてくださったのでした。
あゝ、ありがたや。

何年か前、
同じ会社の後輩がどこかで陛下を見かけたとかで、
写真を撮って、FacebookにUPした時がありまして、
パレードなどの公式行事で
遠距離からというのならまだしも、
割と至近距離で撮ったようでしたので、
「お前、、、よくも天皇陛下に向かって
スマホ向けれたな、、、」と心底蔑んだものですが、
私にとっては、前にすると、言葉を失ってしまう、
自然と背筋が伸びてしまう、
姿勢を正して、頭が下がってしまう、
そんな感じのするお方でした。
おそらくあの方は、天皇家という血統や地位に関わりなく、
人物として相当高位の御魂(みたま)
であらせられるのだと思います。

余談ですが、現代の先進諸国においては、
肉体を持つ「人」は法の下に平等な権利を持つ(べき)
と規定されているわけですが、
我々の「魂」にはその経験による質の高い低いが
あるんじゃないかと感じています。
例えば大昔から何度も「人」をやっていて、
多くの失敗や経験を経てきた魂は磨き、鍛え抜かれ、
もののあはれや道理というものが身についていて、
自然とうまく立ち振る舞えることで、
現世においては人から愛されたり、
ストレスがなかったりして、心の安寧を得て、
割と幸福な日々を過ごしているのではないかと思いますが、
今回はじめて猿から転生してきた、というような魂は、
その中身は、まだほとんど猿のままであるはずです。
あっちでトラブル、こっちでトラブル、
人生は苦難の連続、と感じているのではないでしょうか。
そりゃそうだ、未熟な魂なんだからしょうがない。

世の中には時折「こいつ尋常じゃないな」、
「頭おかしいんじゃないかな」
という人がいると思いますが、
それはおそらく1つ2つ前の前世が本当に「馬」や「鹿」
だったのかもしれません。
思いやりがなかったり、他人(ひと)の物を盗んだり、
高速道路の真ん中で後続車を止めたり、
天皇陛下に間近でスマホを向けたり、etc.…
これは善し悪しということではなくて、
輪廻(संसार)とはそういうものなのだと、
そういう仕組みになってるんじゃないかと、
最近考えるに至りました。

ここで言う前世とは、
今世と隔絶された、1つ前の全く別の人生、
という、いわゆるオカルトめいたものではなくて、
魂がその前入っていた肉体で過ごした時間、
というだけの意味です。
魂はほぼ永遠に存在し続けていて、
時折、肉体に入ったり(生まれたり)出たり(死んだり)
しているだけ(ラジバンダリ)、ということですから、
何万年も何百回も「人」をやってきて、
いろいろな失敗や苦難を経験をしてきた魂と、
ほんの数十年、数回しか「人」をやったことがない魂では、
その悟りや成熟の度合いも
当然違ってきて然るべきというものです。
つまり何万歳の仙人のような古老と、
何十歳の未熟な若者の差のようなもの、
というと想像しやすいでしょうか。
現実社会においては、魂の質の高低と、
現世における地位や名誉が
ほとんどリンクしてなさそうなのが、
実に不思議なところではあるわけですが、
先帝陛下の場合、それが共に高位であった
稀なケースだったのではないかと思います。

ということで話が逸れましたが陛下、
本当に長い間、ご苦労様でした。
あの日賜ったお言葉の通り、
ビザイン…がんばります…!

かしこ。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

京料理 萬重(まんしげ)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

SONY DSC

久しぶりに京都に行く機会ができたので、前々から一度行ってみたかった西陣の「蝶理発祥の地」に行ってきました。以前、少し触れたことがありますが、蝶理は幕末の文久元年、1861年に、京都は西陣の地で生糸問屋として創業された「大橋商店」を源流とします。
文久元年といえば、この翌年の2月に坂下門外の変と生麦事件が起こり、翌々年が長州の下関砲撃事件、薩英戦争、生野の変と、幕末の改革の機運がいよいよきな臭くなってくる間近という時代。この年、北米では南北戦争が起こり、リンカーンが大統領に就任します。

大橋商店は生糸を扱う商いから、繭を作る「蛾」を嫌って「蝶」と言い換え、屋号を「蝶屋」としていました。この地区が西陣への生糸の供給基地として、糸商が多く集積した「糸屋町」と呼ばれていた頃、この建家の入口にも丸に大きく「蝶」と書かれた暖簾がかかっていたそうです。
梅酒の「チョーヤ」さんもそうですが、当時「蝶屋」を号する店舗も多かったことから、大橋商店店主の名跡である「理一郎」と絡めて、昭和8年、「蝶理商店」と名を改めた。というのが蝶理の名前の由来です。社名はその後、昭和18年に「蝶理合名会社」、同23年に「蝶理株式会社」となって今に至ります。

さて、蝶理の歴史はこれくらいとして、この建家を目にして思ったことは「まだこんな(歴史的な)建物がそのまま残ってるのか」という驚き。現在は京都市の文化財にも指定されていて、保存に対する助成金も出ている一方で、改築等は制限されているとのことでした。
次に思ったのは「なぜここが他人の所有となっている(現状を蝶理が放置している)のか」という疑問。「創業の地」は企業にとって「聖地」であるはず。現在はタイトルにもした京料理の老舗「萬重(まんしげ)」さんの所有となり、倉庫として使われています。

創業の地をいつ手放すことになったのかは定かではありませんが、三度の倒産級とも言える経営危機を乗り越えた蝶理ですから、どこかで泣く泣く処分せざるを得なかった状況があったのでしょう。近年では最終利益も53>33>24億円と捻出できいるようですから、町屋一軒買えないというわけではなさそうです。
実は既に内部は改装されていて、中は萬重さんのお道具(季節によって使っていないお皿など)が満載の倉庫になっています。もし蝶理が所有できていたとしたら、「御主人」と呼ばれた理一郎さんの机や、店員さんたちが寝泊りしていた部屋などと共に、「丸に蝶」とした暖簾なども残していたかもしれませんね。

「そんな古い机や暖簾のために何億も払えるかいな」と言うかもしれませんが、不動産購入はなにもコストではなく、BS上の科目が動くだけですから、「金詰まり」という状況でもない現在の蝶理であれば、実に有意義な「金の寝かせ方」と言えるんじゃないでしょうか。
もともと、商社という業態は原料や材料を主に扱っていて、最終製品の取り扱いに疎いことから、ブランドやその重要性を認識していない傾向が強くあるものですが、オーナー一族なきサラリーマン経営者による集団指導体制を取らざるを得ない企業にとっては、社員の忠誠心や求心力を高める施策としての「聖地奪還」は、カネに変えられない価値があると思います。

会社やブランドに対する忠誠心や帰属意識、つまりマーケティング的な意味で言う「ロイヤリティ」が、宗教における「信仰」に近いというレポートを書いたのは、遥か昔のことですが、宗教を形成する大きな要素は教義、教団、儀礼、そして施設としての「聖地」です。人は神に祈っているようでいて、実は壮麗な神殿や寺院建築のような、演出としての舞台装置に酔っているだけ、というようなところがあります。
やはり目に見える対象がないと、信仰心をつなぎ止めるのは難しいということなんでしょうが、逆を言えば目に見える対象を与えれば、信仰心はより強くつなぎ止められるわけで、新興宗教の各派が壮大な施設を作りたがるのもうなづけます。

もちろん、これまで維持してきてくれた萬重さんに対する恩義はありますから、「カネがないから買ってくれ」、「カネができたから売ってくれ」は筋が通りません。もし将来、買い戻すつもりがあるなら、今から京都市の助成金と同等かそれ以上の「維持費」を負担するというのは一案です。その上で、「万が一、ここを処分する時が来たら、うちに譲ってください」とするのが節度ある商人の有り様というものでしょう。
そもそも日本では、太平洋戦争から高度成長時代の間に、多くの企業が創業の聖地を失いましたから、この建家が残っているということ自体、京都という土地柄を考慮しても奇跡に近いと思うわけです。歴史の浅い北米のアップルやHPが創業のガレージを保存して、歴史を大切にしているのとは対照的ですね。

お聞きしたところ、今でも80-90となった京都支店のOBたちがたまに集まったりしているそうですが、それ以外にも、例えば毎月の役員会議を萬重さんでやったり、新入社員を集めて、「あの格子は糸屋格子(いとやごうし)言うてな、生糸の色合いや具合を透かしてみるにいい加減の光が差し込むように作られてるんやで」なんて話して聴かせるのもいいかもしれません。
ということで、蝶理の人も、萬重さんに行ったことある人間は多くないと思うので、参考として画像をいくつか置いておきますね。

京料理 萬重(まんしげ)
こちらのHPはフルフラッシュになっているのでiphoneまたは携帯は携帯用サイトからどうぞ。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

お弁当4000円は泣けた;;

終わり。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

【私撰】2012年の10大ニュース。になりそうなネタ。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

今年も残すところ@1週間となりました。ネタをウロウロと探しながら書いてたんですが、えらい時間かかったったwです。今年はあまり「10大ニュース!」みたいのやってるサイトないですね。流行ってないのかな。
振り返ってみると、1月辺りのネタはもう結構昔な感じがして、「えwあれ今年だったっけ?!」なんて、いつもと同じように思いつつ、総じて前半にはゴシップレベルの話題が続いていて、7月のロンドンオリンピック以降、年後半に入ると李明博大統領の竹島上陸あたりから、日韓、日中関係が一気に悪化。日本としては戦後かつてないほど安全保障上の危機感が高まり、年末の自民の圧勝という流れの1年だったと言えそうですね。ということで行ってみましょう!2012年の10大ニュース。になりそうなネタ。1月から。

1月

伊豪華客船が座礁
2012年1月13日、コスタ・クルーズ所有のクルーズ客船が、イタリアのジリオ島付近にある浅瀬で座礁し、浸水・転覆した海難事故。事故当時、若い女性とワイン片手に食事をしていて、事故発生後すぐ、乗客を見捨てて避難したという実にイタリア男らしい(?) 船長に世界中から非難が集まりました。

 2月

ホイットニー・ヒューストン死去
中学の頃、ベストヒットUSAなんか全盛期だったんですが、PV見て「黒人って歌うめえな」と思って、デビューアルバムを買った記憶があります。もちろんLPです。(笑) ニュースを聞くまで、晩年の彼女がいかに薬物に溺れ、不幸な境遇だったとか全く知りませんでしたが、やはり人生における幸福と不幸の総量って一定なのかな。なんつって。


東京スカイツリー完成
5月の開業から半年経って、すっかり東京の風景にも溶け込んでる感のあるスカイツリーですが、今でも何気なく歩いている時に、ふとビルとビルの間とかから、スカイツリーがバーン!と見えたりすると、「おおw」ってなりますよね。あれ?なりませんか?

3月

AIJ投資顧問が巨額損失
2000億ですからね。。。今の景気低迷の根本的な原因は漠然とした不安。社会保障制度への不信。その根幹をなす年金も、杜撰な社保庁の職員たちが記録を紛失させてたり、怠慢な役人がこういうモラルなき金融会社に流してるようじゃ、財布の紐なんて緩みませんって。

 
東日本大震災一周年追悼式
 あれから1年が経って、みんなの気も緩みがち。先日ちょっと大きな地震がありましたが、僕はむしろあのくらいの地震は、1年に1回でも半年に1回でもあった方がいいと思いますね。危機意識を持続するためにも、地殻のエネルギーを少しずつ放出させるためにも。まーそううまくは行かず、忘れた頃にやってくるわけですが。みなさん、ご家庭に1箱、お水とミリメシを常備しましょう^^

4月


交通事故相次ぐ
交通事故の死亡者(事故後1年以内)は、未だに年間1万人を超えている現状ですが、今年はてんかん患者が通学中の児童の列に突っ込んだり、外国人運転手の長距離バスが居眠り事故したり、とにかくひどい事故が多かった。こういう事故が起こるたびに規制が強化されていくわけですが、クルマも原発も基本はツール。使い方いかんでハサミにも凶器にもなるのです。

生活保護不正受給問題
彼が売れっ子芸人だったからヤリ玉にあげられてしまったのは仕方がないとして、「給付を受けるために籍を抜いたが同居している」とか「給付金でパチンコばかりして職につかない」とか、「簡易宿泊所を通じて暴力団の資金源になっている」とか、最終的な社会保障制度としての「生活保護」の現状が明るみに出た意義は大きいと思う。

5月

金環日食

なんか日本中がにわか天体マニアのようになって、朝からみんなヘンなメガネかけてる人たちが空を見上げてたり、写真撮ったりしましたね。はい、僕も見ました。(笑)「東北南部から九州南部の太平洋側にかけて観測された。これほど広範囲での観測は平安時代以来932年ぶり。」平安時代ぶりとか言われると、ちょっとロマンすぎます。

茨城と栃木などで竜巻
アメリカなんかだと良く映像でも見かける竜巻が、日本でこれほど大きな被害を出すというのは珍しいこともあってか、大きいな話題となりました。あの震災から1年。前年の大雨被害もあって、なぜ神はこうも日本ばかりに災害を与え続けるのかと、誰もが思ったはず。あれ?思いませんでした?

6月

オウムの指名手配中容疑者逮捕
とっくに海外逃亡してると思いきや、昨年末の平田容疑者に始まって、高橋容疑者まで国内にいたとは驚きでした。しかも普通にネカフェとか。日本は年間7-8万人の行方不明者が出る国です。中には見つかる人もいるけど、この20年で見つかっていない人の累計は約20万人。灯台下暗しとか言ってる場合じゃないよ、おまわりさん。

 英国エリザベス女王の即位60年で祝賀行事

既に社会的制度としては歴史的な役割を終えたともいえる王室/皇室ですが、民族的な規範や国民の求心力として、統治機構に君主を持っているかいないかは大きな違いです。現代文明の世界で、今から王室を作ろうとしても不可能。現存する王室は貴重な存在です。ともに君主を戴く国として、日本人にはとても親しみのある王室ですね。

7月

ロンドン五輪、史上最多のメダル38個

全体的に団体競技での女子の活躍がすごかったという印象ですが、中でもなでしこ!強かったし、女子サッカーはフェアプレーがいいですよね。宿命のライバル・アメリカとのマッチアップは清々しくて、いい意味で熱くなるし、見ていて気持ちがいい。それに引き替え男子の、ほら、例の竹島プラカード事件。あの辺から日韓関係の悪化が一気に顕在化した気がします。

米軍岩国基地にオスプレイ搬入

このマップを見れば、オスプレイを配備されたら困るという勢力が良く分かります。沖縄などで激しく反対運動やってる連中の中に、五星紅旗の団扇なんか持ってる一団が混じっていたとか、岩国でも地元の人は特に反対運動はしてなくて、他県からデモをしに来てるなんて地元民のインタビューがあったり。良識ある沖縄県民の方々には、ぜひ勇気を出して欲しいです。

8月

韓国の李明博大統領の竹島上陸と、天皇謝罪要求

2012年8月10日、韓国の李明博大統領は竹島上陸を強行し、14日は天皇の謝罪を要求します。これに対して野田総理は伝家の宝刀「遺憾砲」を放ちますが、なんと親書を拒絶するという、空前絶後の韓国の反撃に会ってしまいました。他国であれば戦争にも発展しかねないような一連の韓国の言動には、正直「気分良くない」を通り越して、怒りを覚えた諸兄も少なくないことでしょう。この辺からネット民を超えて一般の人まで嫌韓感情が広まっていきました。

「近いうちに信を問う」

民主党への政権交替は「自民への鉄槌」であったと同時に、自民党自身の停滞によるところが大きかったように思う。そして自民の停滞は、谷垣氏自身の力量不足によるところが大きい。口だけ総理に翻弄された挙句、最後の最後まで総裁のイスに固執するなど見ていて見苦しかった。そもそも顔が「小物顔」なんだよな、谷垣さんて。あれ?

9月

尖閣諸島の国有化

結局あの寄付金15億円はどうなっていて、どうなるんだろうか。維新の一件も含めて、石原閣下も晩節を汚してしまったなと、かつての信者たちは嘆いていることでしょう。嘆いています。尖閣についてはちょっと書いてみたことがありますが、今となってみれば、アレが引き金となって「悪材料出尽くし」じゃないですが、いろんなことがはっきりしてきたのはむしろ、今後の日本の国のあり方を考えるためにも良かったのかも。

中国各地で反日暴動

もうデモというよりも暴動。大使襲撃事件とともに、中国共産党が、いわゆる現代世界に普遍的な価値観を持っている政府でないことが明らかになった事件でした。日中の真の友好を目指す方策はシンプルで、中国を民主化させること。そのためにはチベットでもウイグルでも法輪功でも裏から支援したらいい。不戦の誓いは素晴らしいけど、そういう情報戦すら出来ていないのが、今の日本です。中国抑えるのに核はいらない。

10月

ノーベル生理学・医学賞に京大・山中教授

次世代医療の基幹となりそうな技術を日本人が発明したというのは非常に誇らしいですね。技術立国と言いながらも冷蔵庫にケータイ付けましたみたいのばかり発売してないで、いま若手でがんばっている理系の科学者、技術者さんたちには、ぜひ官害や老害を乗り越えて、もっとこういう基礎研究に大いに没頭していただきたい。

 尼崎連続死体遺棄事件

これもちょっと異常な事件で、ずいぶんと騒がれましたね。なにか新興宗教を思わせる洗脳の手口と、入籍や縁組みを淡々と繰り返すところなどは、ちょっと普通の日本人には考えも及びません。食い潰されて殺害されたと思われる被害者が次から次へと出てきて、いざこれからというところで死なせてしまうという兵庫県警の落ち度。黒幕が県警中枢まで入り込んでいるということか。まだこの図にも出てきていない被害者がいたら、草葉の陰で泣いていることでしょう。

11月

大型ハリケーン「サンディ」、米で死者100人以上

このサンディやタイの洪水の時も思ったけど、震災からまだ1年しか経ってないというのに、こういう海外の災害に対して、日本政府が、我われ日本人がどれだけ恩返しできているのか、一向に伝わってこないし、盛り上がっているようにも見えない。もちろん個人ベースや少額であれば政府や自治体からも支援が行ってるのかもしれないけど。

 オバマ大統領が再選

星条旗の似合う大統領と、日の丸の似合う総理大臣。いいですね。同じ年末に揃って新体制をスタートできるのは幸いです。新たな任期の間で、かつてのロン・ヤスに負けない友情を育んでもらいたいものです。日本国内では、日本が米国と離反する方が都合が良い勢力の意向を受けた人たちが反米を叫ぶと思いますが、その悪巧みを読んで判断しないといけませんね。

12月
 

 中央道笹子トンネルで天井板の崩落事故

数年前から首都高などで橋脚の耐震化工事をしているのは見てきましたが、高度成長から早50年。日本のインフラはあちこちでガタが来ているんじゃないかとみんな薄っすら思ってはいたんでしょうが、これではっきりしました。予算がないとか理由はあれど、人命が失われないと動けないというのも情けない。ここでも日本の技術や品質の低下があらわに。

 

衆院選・全議席確定 自公で325議席圧勝。民主は壊滅的惨敗。

2012年、個人的にはなんと言ってもコレ。3年間。長かった~。まさに国民の誰もが歯がゆい思いに我慢を重ねた3年間だったと思います。(政権奪取のために)外国勢力をバックボーンとしてしまった民主党の3年間は、まさに某元首相のいう通り、日本は日本人だけの国じゃなかった。「日本を、取り戻す。」いいコピーでしたね。自民は電通ですか。グッときました。

とまーあんまりネタがないのかなと甘く見ていたんですが、どっこい1ヵ月に2つずつ挙げていったら24個になっちゃいました!が、みなさんは10個挙げろと言われたら、なにを挙げますか?話のネタにでもしていただければ幸いです。

以上、よろしくお願いします。

 


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •