Category Archives: NEWS

1点の重み。

久しぶりに秩父宮に行ってきました。

後半22分に1点差で勝ち越しを許した時点では、まだグラウンドにもスタンドにも楽観的な空気がありましたが、「この1点が残り5分くらいになると絶対大きくなるんだよね」と話してました。そして残り5分、1分、ノーサイド。21-20。我が母校、明治大学は21年ぶりの全国制覇を1点差で落としてしまいました。
「落とした」というのは、この試合は取れる試合だったから。本当に後半15分までは20-7と点差の上でも圧倒していて、見ていて穴という穴もありそうにありませんでした。ところが後半15分、20分と2本トライを取られて、そこからの巻き返しができなかった。キッカー堀米君の不調も大きい。コンバージョンキック1本決めていれば、逆に1点差で勝ってたわけです。

「とは言え19年ぶりの準優勝は素晴らしい。20年の雌伏の時を超え、明大OBたちも久しぶりに盛り上がった。よくがんばった。」というのは簡単です。「2位じゃダメなんですか?」。ダメなんです。2位でも立派といい出すと、3位でも8位でも立派になって、延いては「参加することに意義がある」という話になってしまいます。敷居は下げだすと際限がありません。
今年新設という大学であればそれもいいでしょう。でも創部96年の明治は違う。メイジは優勝しなければならない。3年生以下諸君には「V9の帝京に1点差まで詰め寄った」のではなく、「1点差で落とした」と捉えてほしい。とは言え4年生諸君。準優勝は素晴らしい。よくがんばってくれました。笑

なぜおっさんがそんなことを言うかと言うと、おっさんの在学中は学生選手権を準決勝(永友組)ー優勝(元木組)-準優勝(南條組)ー優勝(信野組)とあまり負け試合を見たことがないというほどの、後に明大ラグビー部の第2の黄金期と呼ばれた時代の後半期。卒業して社会人1年目の時が、北島監督がなくなって紫紺に喪章を付けたあの松本組。そう、19年前の最後の優勝チームです。
「学生時代」と言うのは、社会人の人格形成において多大な影響を与える大切な時期。その大切な時期に、明ラグの黄金期が重なったのは、おっさんの学生時代を彩り、おっさんの人格形成に多大な良い影響を与えてくれたと思うからです。やはり今でも心の何処かで、あの類稀な体格と才能に恵まれた元木が、血の滲むような練習と激しいタックルで相手をなぎ倒し、前へ、前へ、と縦に突進し、優勝をもぎ取った姿を「当たり前」と思っているところがある。続く後輩たちもモチベーションを維持して気を引き締めた。この敷居は相当に高い。

連覇という偉業を遂げられるチームは、勝って尚、兜の緒をしっかりと締められるチームです。そう、今の帝京のように。おっと、「レンパしなくちゃいけないんですか?」なんてバカなことは言わんでくださいよ。優勝したら連覇を目指すのは大前提です。そういう人は勝手にレンパイしといてください。笑
学生本人にしてみれば、在学中に一度でも優勝できたら、それはそれでもう素晴らしい成果、思い出となることでしょう。でもチームは違う。4年生の血の滲むような努力を知らない新入生が、毎年「強豪校」だと思って入ってくる。ここが学生スポーツの難しいところですよね。毎年同じメンバーで戦えるプロや社会人のマインド・マネジメントなんて甘っちょろいもんだと思えるほどです。それほど帝京の9連覇は凄まじい。長い間伝説中の伝説として君臨した同志社・平尾組のV3も、単なる通過点として霞んでしまいました。

そんな学生スポーツの頂点で、漸く20年ぶりに勝ち上がってきたチームが、後半20分まで(ラグビーは40分ハーフです)試合を支配していて、コンバージョンキック(トライの後に与えられる2点相当のキックです)1本外したがために、1点差で敗れてしまった。入れていれば1点差で優勝していた。一方、怒涛の8連覇を成し遂げてきたチームは、後半20分まで相手にリードされながらも決してあきらめず、魂のこもったタックルで敵の追加点を阻止し、トライを取った。コンバージョンキックもしっかり決めて、わずか1点差で、前人未到の9連覇という偉業を成し遂げることができた。
勘の良い方はお気づきでしょう。そう、これ、人生も商売も一緒だと思うんですよね。こうして1点が明暗を分けるシーンというのは多々あります。たった1点で優勝できることもあれば、その1点で敗れることもある。

人生を40分ハーフの試合と捉えれば、今の僕らはちょうど後半折り返したばかりというところ。わずか1点で敗れた後輩たちの姿を見て、ここから気合を入れ直して、仲間とがっちり組んで、時にモールを押し込み、時にラックを連取して、前へ、前へ、と人生のトライを重ねていこうと決意を新たにしました。一方、商売には終りがありません。毎日が選手権の決勝、毎日が後半35分と思って、1点で落とすことのないよう、1点で勝てるよう、商売のコンバージョンキックを着実に決めていきたいと思います。笑
試合後はちんたらと新宿まで歩いて、気の置けない仲間たちとささやかな準優勝の祝杯をあげました。これも学生ラグビーのいいところ。写真中央は8000円もした「めいじろう」。旗が売り切れてたので大人買いしてしまいましたが、3トライも取ってくれたので十分元は取れました。笑 皆それぞれ人生のハーフタイムを折り返し、後半を迎えたところ。酒を交わしつつ、過ぎし日の前半戦を振り返ったりしました。いやはや、正月早々いい試合を見せてもらいました。(o^^o)

おしまい。

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
[`yahoo_users` not found]
Pocket
LINEで送る