Category Archives: SOCIAL

311からの一期一会。

remember 311

今年も311が無事に(?)通り過ぎていきました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。年々、あの当時の危機感も薄らいで行くのは、辛い記憶を残さないという人間の本能の為せる業なのでしょうが、それをリマインドせんとするブログや動画などもたくさん上がっていましたね。
来たる関東大震災に備えて、僕もペットボトルに水を汲んでおいたり、缶詰や電池なんかもある程度備蓄するようにしているんですが、それもこれも生き残ったればこそ。311ではあの津波で、先の大震災では火災で多くの人が命を落としたのは、ご存じのことと思います。

311は、死亡者・行方不明者が1万8000人という大きな災害となったわけですが、その被災地の中心は、こう言ってはなんですが、東北の海沿いの、これといった産業もなく、日本でも特に過疎の進んだ地域、つまり人が少なくて困っていた地域です。それで1万8000人。
今、次なる大地震が懸念されている関東、東海、南海辺りのメガロポリスとは比べようもありません。人口比と密集比から言って、おそらく桁が違う人が死ぬでしょう。ゼロ1つ付けても18万。一昨年、内閣府の発表した「南海トラフ地震」の予想死亡者数はなんと32万人。ゼロ付けてさらに倍。

話を関東に絞りましょう。もちろん地震がどこで起こるのか、沖で起こって津波が来るのか、立川断層辺りがずれるのか、富士山が噴火するのか、震度7強なのか8弱なのか、いろんなパターンによって被害の大きさも変わってくるわけですが、過去、関東大震災では死者10万人という実績があります。
この都道府県別人口一覧を見ると、関西で死者32万なら首都圏ではその倍、いや3倍くらい行くかもしれません。3倍で約100万。最悪の状況が重なった場合、最大値として100万人くらい死ぬ可能性もあるということです。もちろん平均的に100万人死ぬわけじゃなく、海側で起これば湾岸地域に被害は集中するでしょうし、火災が大きく下町地域にということもあるでしょう。両方ということもありますが。

なにが言いたいかというと、それだけの数の人が死ぬっていうことは、今いる友人や知人のうち、誰かしら死んじゃってるかもしれないよね、っていうことです。もちろん自分かもしれないし、家族の誰かかもしれません。311以降、急速に進んだ研究では、ごく近い将来、関東や東海、南海の地震は必ず来る。多くの人が亡くなる。これは確定的な未来であるわけです。
もちろんいつ起こるかは分かりません。生きてる間はこないかもしれないし、逆に言えば明日来るかもしれない。そう考えると、今週の飲み会であいつらと会うのが、実は最後かもしれないな。来週実家に帰るけど、それが最後かもしれないな、という気になってきませんか?

「死」というのは、たいてい突然やってきます。事故はもちろん、病気であってもそうです。「余命○○」と言われていたって、日に日に衰弱していく父を見て、そろそろやばいかなと思っていたって、それがまさか今日だとは、まさか1時間後だとは思ってないわけです。いわんや地震や噴火をや。
そう考えると、別に地震に限らず、交通事故とかもそうですが、死という別れは突然来る。大震災が来るとその確率がぐっと上がるという意味で、やっぱり一期一会。今日という日は二度とないわけですから、一日一日を大切に、友達とか家族を大事にしつつ、悔いのないように、思い切り生きて行こうという気にもなるじゃありませんか。

まとめ

地震は必ず来る。
かなりの人が死んでしまう。
一期一会。

以上、よろしくお願いします。

Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Share on GREE
Pocket
LINEで送る