Category Archives: SOCIAL

アモータルな世界。

最近、人生観ががらりと変わってしまったことがあります。というか変わってしまった。それは「不死」についてです。話題のNHKスペシャル「人体」を見ても、近年の医療の進歩は凄まじく、この先10年、20年というスパンで、これまで以上にいろいろな病気や症状が解決されていくであろうことは明白です。
昨年、知人のところで奥歯を2本インプラントにしたのですが、最新のインプラントは歯茎を切開することなく、歯茎の上から3Dでスキャンして、そのまま(歯茎の上から)ズドンとインプラントを打ち込むんですよ。縫合や抜歯もないので身体への負担はほとんどと言っていいほどありません。まさにお手軽。まさに身体のパーツをポイと交換できる技術を身をもって体験しました。

「死」とは言うまでもなく、身体のどこかが壊れて、脳に血流が行かなくなった状態のことを言うわけですが、近い将来、身体の壊れたパーツを、もっと手軽に、まるで自動車のように交換しながら寿命を伸ばしていく社会が実現していることでしょう。
いやいや心臓はそんな簡単にはできないよ、毛細血管は、神経系は、という声もあるでしょう。いま僕は46歳ですが、平均寿命の80歳まであと34年あります。医療技術の発達スピードは加速する一方ですから、34年後の平均寿命は100歳を超えているかもしれません。100歳まではあと54年あります。54年後の平均寿命は、、、と考えると、僕らの世代でも50年後くらいに、ある程度の医療技術を享受できるだけの権力や資金があるグループは、120歳、150歳と生きながらえるようになっているんじゃないかと思うわけです。

150歳と言えば今から100年後です。どんなにすごい技術が開発されて普及していることでしょうか。なにしろ100年後の未来ですから、既に人類は200歳くらいまで生き延びる技術を手にしているかもしれません。200歳と言えば150年後です。150年後の未来の人類の寿命は300歳に、250年後の人類は500歳に、、、
なにが言いたいかと言いますと、僕ら世代の中に、既に「不死」の未来に生き残れる人がいるのかもしれない、ということです。「死世代」と「不死世代」の分岐点はどこだかまだ分かりませんが、なんらかの方法で100歳くらいまで生き延びることができれば、「とりあえずの不死」の世界へギリギリ滑り込めるのかもしれない。「とりあえずの不死」さえ手に入れられれば、「完全なる不死」の世界まで生き残れる可能性が大幅に高まるだろう。ということです。
※「不完全な不死」は事故や殺害行為には対応できないから。

1000年後の未来における不死のスタイルは想像だにできません。生身の身体のままiPS細胞のような生体パーツを培養生産して交換していくスタイルなのか、銀河鉄道999のように機械化するのか、はたまた攻殻機動隊のように、電脳的な意識体としてオンライン上で生きているのか。いずれにしてもSFの世界です。
また一方でAIやロボットの技術も同じようなスピードで発達しているでしょうから、不死の機械化された人類と、不死の人類化された機械たちとの境界線も曖昧なものになっているかもしれません。もしくは脳とAIは統合されていて、境界線なんてなくなっているのかもしれません。なにか本当に、まさしく僕らが小さい頃から親しんできたマンガのような世界が、現実の未来としてそこにあるわけです。 

さて、ここで「遠い未来、人類は不死になる」、「僕らの一部はその未来まで生き残ることができる(かもしれない)」、「僕らの一部は既に不死である(かもしれない)」という三段論法が成り立つわけですが、この「不死」という能力は、人類のみならず「生命」が誕生して初めて手にする能力、及び体験です。生命史37億年で初めてで、最大のパラダイムシフトが起こります。
「生きる」という言葉は「死ぬ」という言葉の対義語です。果たして「死ななくなった」我々は「生きている」と言えるのかどうか。「生きている」と言えなくなった我々は「生命体」と言えるのだろうか。世代を伝える(=自身は死ぬ)ことで「生きて」きた我々は、自分自身という個体が生き続ける以上、子孫を残す(=個体を増やすだけの行為となる)必要があるのだろうか。子孫を残す必要がなくなった我々は、雄と雌で番い(つがい)を形成する必要があるのだろうか。そう、つまり「俺たち結婚とかする意味あんのかなw ( ないんじゃん?) 」 ということです。

思った以上に大作になってしまったので、今宵はここまでにしとうございます。
以上、よろしくお願いいたします。

いまから名古屋\(^o^)/ 

 

[`evernote` not found]
Delicious にシェア
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
[`yahoo_users` not found]
Pocket
LINEで送る